ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
指名予想
ホームに
もどる

元甲子園優勝投手の戸狩聡希が独立リーグ挑戦

2017年02月11日

2/11、日刊スポーツwebsiteより (source)
ヤマハ野球部を昨年限りで退部した戸狩聡希投手が今日11日、独立リーグ、ルートインBCリーグのトライアウト(埼玉・ロッテ浦和球場)を受験する。プロ野球への挑戦だ。「いろいろ悩みましたが、チャンスがあるなら受けてみようと。自分の中に『まだやれる』という気持ちがありました」。

戸狩は2007年春、常葉学園菊川が初めて全国制覇したセンバツ優勝に貢献。08年夏には、エースとして甲子園は準優勝に導き、09年にヤマハに入社した。だが、長く左ひじ痛に悩まされ、12年オフに手術。14年の都市対抗予選では7試合に先発したが、16年に痛みが再発。優勝した日本選手権ではベンチに入れなかった。

かつては最速144キロを誇った本格派左腕だったが、変化球重視の技巧派に変身し、「コントロールと球のキレを見てほしい。実戦のブランクはありますが、ケガは問題ないです」と自信をのぞかせた。今回のトライアウトには100人以上がエントリーし、合格は10人以下の見込み。

さらに同リーグでは18年シーズンから年齢制限(26歳以下)を導入するため、26歳の戸狩は合格しても、1年限りの契約になりそうだ。それでも、戸狩は「もともと1年勝負と思っています。頑張るしかない」。

同リーグは、この2年で日本プロ野球(NPB)から11人がドラフト指名を受けるなどレベルは高い。夢のNPBを目指し、戸狩が勝負に出る。



下は高校時代の戸狩君です。(ユーチューブより)



draftkaigi at 10:15│ 独立リーグ 
ドラフトニュース検索