ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
指名予想
2017ドラフト
情報まとめ
ホームに
もどる

ヤクルトドラ1・寺島成輝、開幕1軍絶望的に

2017年02月13日

2/13、サンケイスポーツ4面より

2016ヤクルトドラフト1位 寺島成輝
履正社高・投手・動画

ヤクルトのドラフト1位・寺島成輝投手(動画)が12日、沖縄・那覇市内の病院でMRI(磁気共鳴画像装置)検査を受け、「左内転筋筋膜炎」と診断された。全治は不明だが、13日に2軍の宮崎・西都キャンプに合流することが決定。調整の遅れは必至で、目標としていた開幕1軍は絶望的になった。

故障でリタイア、そして2軍に降格・・・。ドラ1左腕、寺島のショックは大きかった。「状態に関しては何も言えないです」。この一言だけを残し、タクシーに乗って宿舎へと戻った。那覇市内の病院でMRI検査を受けた結果「左内転筋筋膜炎」という診断。13日、宮崎・西都の2軍キャンプに合流することになった。

異変が起きたのは前日11日のキャッチボールの時だった。左ももの内側に張りを訴え、一部で別メニュー調整。大事を取ったが検査の結果、軽症ではなく、目標にしていた開幕1軍の可能性はほぼなくなった。

真中監督は「(筋肉が)切れていなくてよかった。開幕1軍? そこよりも自分のできることをやって、投げられるようにならないと。内転筋は焦ると、引きずることもある。見通しは難しいね」と説明した。

ブルペン入りの時期を遅らせるなど慎重を期していたが、故障は避けられなかった。「こっち(沖縄)で焦るより、向こう(宮崎)に行って再調整した方がいい」と伊藤投手コーチ。投手にとって、軸足の内転筋は、投球時に踏ん張りをきかせるのに重要な箇所。その分、負荷も大きくなる。いきなり試練に直面した寺島は現実を直視して、2軍から出直す。




下は2016ドラフトでヤクルトが指名した選手です。1位・寺島君のスカウト評はこちら

ヤクルトの2016ドラフト指名選手
1位寺島 成輝履正社高 投手
2位星 知弥明治大 投手
3位梅野 雄吾九州産業高 投手
4位中尾 輝名古屋経済大 投手
5位古賀 優大明徳義塾高 捕手
6位菊沢 竜佑相双リテック 投手
育1大村 孟BCL・石川 捕手


draftkaigi at 07:14│ ヤクルト 
ドラフトニュース検索