ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
指名予想
ホームに
もどる

巨人ドラ2・畠世周、右ひじ手術で3軍スタート

2017年02月14日

2/14、スポーツ報知2面「伸戦力の武器」より

2016巨人ドラフト2位 畠 世周
近畿大・投手・動画

3軍はこの日から、宮崎にキャンプ地を移した。リハビリに励む(動画)は、シャドーピッチングを行うなど、復活に向けて着実にメニューを消化した。「もう問題はないです。(調整は)まだまだこれからです」。万全の状態をアピールしつつも、冷静に全快までの道のりを見つめている。

近大4年の秋に右肘遊離軟骨の痛みを発症し、ドラフト会議後に手術を受けた。新人合同自主トレはノースロー調整から始めたが、キャンプではキャッチボールを行うまでに復活している。「焦らないことが一番だと思うんです。人それぞれスタート地点が違うと思う」と、落ち着いた声で力強く胸を張った。

冷静さは原点だ。子どもの頃は負けず嫌いで、すぐカッとなってしまう性格だった。打者とも、直球ど真ん中の真っ向勝負を好んだ。大学2年でリーグ戦で先発デビューを飾るも、四死球の多さが課題だった。

きっかけは大学3年の時。コーチから「お前はどういう投手を目指すんだ」と問われた。打者への直球ど真ん中の投球か。外角への丁寧な投球か。どちらが打たれない投手になるのか、確率論を問われた。はっとした。緩急をつけた丁寧な投球は打者は打ちづらい。そこには冷静さが求められていることに気づいた。

その後、社会人相手にノーヒットノーランを達成し、球速も150キロ台にアップ。一躍プロの注目度が上がった。プロでもまずは緩急をつけ、自分のテンポで投げる。さらに「いずれは腕を思い切り振って、相手の懐に投げられたら」と完成形を描く。

名前の世周(せいしゅう)は「世の中が自分の良い方に回るように」という意味。頭の回転が速く、それでいてマイペースな言動から「畠さんワールド」と周囲は呼ぶ。いつの日か東京Dのマウンドでも「畠ワールド」を披露する。




下は2016ドラフトで巨人が指名した選手です。2位・畠君のスカウト評はこちら


巨人の2016ドラフト指名選手
1位 吉川 尚輝 中京学院大 内野手
2位 畠 世周 近畿大 投手
3位 谷岡 竜平 東芝 投手
4位 池田 駿 ヤマハ 投手
5位 高田 萌生 創志学園高 投手
6位 大江 竜聖 二松学舎大付高 投手
7位 廖 任磊 台湾・開南大 投手
育1 高井 俊 BCL・新潟 投手
育2 加藤 脩平 磐田東高 外野手
育3 山川 和大 BFL・兵庫 投手
育4 坂本 工宜 関学大・準硬式 投手
育5 松原 聖弥 明星大 外野手
育6 高山 竜太朗 九州産業大 捕手
育7 堀岡 隼人 青森山田高 投手
育8 松沢 裕介 四国IL・香川 外野手


draftkaigi at 08:56│ 巨人 
ドラフトニュース検索