ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
指名予想
ホームに
もどる

吐前拓哉(東海学園大)に7球団視察、中日が高評価

2017年02月15日

2/15、中日スポーツ11面「中部から飛び出せ2017ドラフト候補」より

吐前 拓哉 (東海学園大・投手)
185cm・右投右打・動画

高校時代も注目された潜在能力が花開くか。最終学年を迎える東海学園大・吐前拓哉投手は185センチの長身から投げ込む最速146キロの直球が売り。主戦場は愛知大学野球2部リーグだが、注目度は中部地区でもピカ一だ。「高校生の頃からプロを目指していた。意識はしています」。勝負の年に懸ける思いは十分ある。

自慢のストレートが最大の武器。その威力は、中日・田島を育てた東海学園大・鈴木保監督が「球の力は田島と遜色ない。プロでやれる力はある」と認めるほど。

吐前目当てに、年明けからプロ7球団のスカウトがグラウンドを訪れた。中日・中原スカウトは「高校生の頃から野手としても注目していた。能力は高いし、精神面も成長している」と評価している。

高校時代は3年夏の愛知大会で4本塁打を放つなど、通算18本塁打を記録。打者として育成枠での指名を検討する球団もあった。投打とも身体能力は際立っていたがドラフト指名はなく、地元の東海学園大に進学した。

高校時代から肩、肘に痛みがあったため、大学入学後、1年間は投球だけでなくキャッチボールすら禁じられた。リーグ戦には「4番・指名打者」で出場。木製バットに苦しみ、「打者としての気持ちは折れました」。2年生からは本業である投手に専念。

まだ目立った実績を残していないものの、入学時に体重が12キロも増え、心身ともにたくましくなった。「憧れている」という名経大・中尾(ヤクルト)が昨年、同じ2部からドラフト指名されたことも励みになっている。

田島の祝賀会が昨年末に大学で催された。鈴木監督は部員で唯一、吐前を会に連れて行った。プロを目指す右腕に刺激を与えるためだった。「誰もが開いてもらえるものではない。感動というか、すごいというか・・・」と吐前。効果はあったようだ。

「大学でまだ十分な結果を残せていない。1部に上がってから、次の舞台がある。チームで結果を出して、その先にプロがあると思う」。エースとしてチームを1部に引き上げ、秋に堂々とドラフト指名を受けるつもりだ。



吐前君のピッチング動画をお持ちの方、ユーチューブにアップお願いします。

draftkaigi at 07:55│ 中日 
ドラフトニュース検索