ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
全指名選手
12球団の
情報まとめ
ホームに
もどる

巨人ドラ1・吉川尚輝も逃げ出した亜大野球部の地獄

2017年02月16日

2/14、夕刊フジ27面より

2016巨人ドラフト1位 吉川 尚輝
中京学院大・遊撃手・動画

日本一厳しいといわれるのが、亜大野球部。巨人ドラフト1位の吉川尚輝内野手(動画)もかつて、入部を急きょ辞退した過去を持つ。同大OBの井端弘和内野守備走塁コーチが、その地獄ぶりを明かした。

故障で1軍帯同がならなかった吉川尚ら3軍メンバーは13日、2次キャンプ地の宮崎市入り。入れ替わるように1軍は宮崎から2次キャンプ地の那覇市へ移動した。プロでは二塁手に挑戦する期待の新人にノックの雨を降らせる気満々だった井端コーチは、後ろ髪を引かれる思いだろう。

「キャンプで鍛えるのを楽しみにしていた。俺が生きるも死ぬも、ヤツ次第だと思っていた。ドラフト1位だし、自分も守備には自信がある。だから残念だよ」

両者にはちょっとした因縁がある。吉川尚は岐阜・中京高から亜大への推薦入学が内定していたが、高3の2月に同大野球部の沖縄キャンプに参加して間もなく、環境になじめず帰郷。入学を辞退し、中京学院大に入り直した経緯がある。井端コーチはその亜大野球部OBだ。

「そんなに厳しい環境なのか」と尋ねると、苦笑しつつ実態の一端を語ってくれた。「今は昔ほどじゃないって聞くけどね。でも大学の野球部で一番厳しいのは間違いない。つまり日本一厳しい」

グラウンドで嘔吐は日常茶飯事で、片付けたら練習再開。寮に戻れば厳しいおきての数々だ。1年生は同部屋の上級生が戻る際、正座で出迎え直ちに靴をそろえなければならない。「ドアが開いてから動いたんじゃダメ。だからずっと正座で待ってないと」

寮の外でも気が休まることはない。「1、2年はジーパン禁止。ジャンパーは腰上までで、ケツが隠れるのはダメ。電車で座るのも禁止だったが、ある日、前後の車両に先輩がいないのを確認して『よっしゃー』と座ったら、先輩が踏切に立って見張ってたんだよ! マジで怖かった。電車を降りてから寮に電話して、先にみんなに『すまん』と謝った」

失態を冒せば同級生の連帯責任。「暗幕の張られた真っ暗な部屋で正座。で、順番に・・・。だんだん悲鳴が近づいてくる恐怖たるや・・・」

こんな野球地獄に尻尾を巻いたのは吉川尚だけではない。「俺らの1コ下、赤星(憲広氏=元阪神)の代が20数人、全員逃げた」。赤星氏らは結局舞い戻ったが、またすぐ逃げられても困るため、しばらくは優しく接したという。

逃げるは恥だが、役に立つ。こんなゴリゴリの体育会系のノリが肌に合わず名門に背を向けた吉川尚だが、遠回りが功を奏して巨人に1位指名されるまでに成長した。ただ、プロの門をたたいたら、亜大仕込みの井端コーチが手ぐすねを引いて待っているという因果。1軍合流を果たした暁には、どんな化学反応が起こるか楽しみだ。




下は2016ドラフトで巨人が指名した選手です。1位・吉川君のスカウト評はこちら

巨人の2016ドラフト指名選手
1位 吉川 尚輝 中京学院大 内野手
2位 畠 世周 近畿大 投手
3位 谷岡 竜平 東芝 投手
4位 池田 駿 ヤマハ 投手
5位 高田 萌生 創志学園高 投手
6位 大江 竜聖 二松学舎大付高 投手
7位 廖 任磊 台湾・開南大 投手
育1 高井 俊 BCL・新潟 投手
育2 加藤 脩平 磐田東高 外野手
育3 山川 和大 BFL・兵庫 投手
育4 坂本 工宜 関学大・準硬式 投手
育5 松原 聖弥 明星大 外野手
育6 高山 竜太朗 九州産業大 捕手
育7 堀岡 隼人 青森山田高 投手
育8 松沢 裕介 四国IL・香川 外野手


draftkaigi at 07:05│ 大学 | 巨人
ドラフトニュース検索