ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
全指名選手
12球団の
情報まとめ
ホームに
もどる

154キロ右腕・鈴木博志(ヤマハ)、中日が高評価

2017年02月16日

2/16、中日スポーツ9面「中部から飛び出せ2017ドラフト候補」より

鈴木 博志 (ヤマハ・投手)
180cm・右投右打・動画

中部地区でもっとも注目される選手だろう。ヤマハの鈴木博志投手(動画)は最速154キロの剛腕。堂々の1位候補に名を連ねている。「今年は全てにおいて勝負の年です」。ドラフト解禁の高卒3年目を迎え、自然と言葉に力がこもる。

持ち味であるストレートは打者をねじ伏せるような威力。さらなる球速アップも見据えるが、今年は「勝てる投手」への脱皮も大きなテーマだ。高校時代に右肘を疲労骨折し、入社1年目はほぼリハビリに費やした。2年目の昨季から本格的に登板し、主に抑え役として短いイニングで力を発揮した。

優勝した秋の日本選手権2回戦・NTT西日本戦では先発を経験。1回の初球から3球連続で153キロを計測したものの、1、2回に3四球で満塁のピンチを招くなど制球難に陥った。今年は先発陣の一角として期待されるだけに、力任せではなく、制球や投球術にも磨きを掛ける。

「2年経験して、社会人の野球が分かってきた。今年は打者をどう抑えるか、どうチームで勝つかを考え、スキルアップしたい。まず、勝つための投球をしたい」。その自覚は練習にも現れている。今年はキャッチボールでも相手の右肩を狙い、一球一球を大事に投げるように意識している。

「球速を求めて、以前は雑になっていた。細かいところから見つめ直したい」。どうしたら速い球が投げられるか。そればかりを考えていた昨年までとは違う。

年明けに各球団が行ったスカウト会議で鈴木博の名前が軒並み上位候補に挙がった。中日・中原スカウトは「あのストレートは魅力。角度があって、力もある。伸びしろもある。(高校、大学を含めても)東海地区ではナンバー1の注目を浴びるでしょう」と話す。

「コツコツとやって、チームに貢献していった結果が(プロ入りに)つながる。ただ、半端な気持ちではなく、ドラフト1位しか狙わないくらいの気持ちで一年間やりたい」と鈴木博。勝負の1年が幕を開ける。



鈴木君のスカウト評はこちら


下は社会人・投手の主なドラフト候補です。

2017社会人のドラフト候補 <投手>
鈴木康平(日立製作所) スカウト評
田嶋大樹(JR東日本) スカウト評
西村天裕(NTT東日本) スカウト評
柏原史陽(JX-ENEOS) スカウト評
江口昌太(JX-ENEOS) スカウト評
鈴木博志(ヤマハ) スカウト評
山本大貴(三菱自動車岡崎) スカウト評
中山匠(キャプテイ) スカウト評

2017社会人のドラフト候補一覧はこちら


draftkaigi at 07:54│ 中日 
ドラフトニュース検索