ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
指名予想
ホームに
もどる

球界から消えた元・巨人ドラ1、居酒屋でバイト中

2017年02月17日

週刊ポスト 2月24日号より

1987巨人ドラフト1位 橋本清
PL学園高・投手・18歳

所在不明だった巨人OBの姿が、サラリーマンで賑わう東京・新橋の居酒屋で見られるようになったのは昨年の10月頃。常連客が興奮気味に言う。「ビックリしました! お店のTシャツを着たデカい中年男性が、生ビールですって運んで来た。顔を見たら、あの橋本だったんです」

橋本とは、1987年のドラフト1位でPL学園から巨人に入団し、中継ぎ投手として活躍した橋本清氏(1987巨人1位)である。2001年の現役引退後、野球解説者やタレントとして活躍していた橋本氏だが、昨年7月以降、表舞台で見られなくなった。スポーツ紙の巨人担当記者が語る。

「巨人選手の野球賭博事件や清原(和博)の覚醒剤所持による逮捕などが相次ぐなか、橋本が現役選手と暴力団関係者の“橋渡し役”だったと一部メディアで報じられたためです。選手の黒い交際がクローズアップされていたため、橋本に対して球界は過敏に反応した」

当時、橋本氏は本誌の取材に対し「(疑惑の暴力団関係者とは)2~3回会っただけで芸能関係者だと思っていた。選手を紹介したこともない」と否定していたが、その後、橋本氏はレギュラー出演していた番組から姿を消してしまった。そんな橋本氏の新たな職場が、新橋の居酒屋『肉蔵でーぶ』である。

ここは、西武や巨人で強打の捕手として活躍した後、楽天で監督も務めたデーブ大久保氏(1984西武1位)が、昨年3月にオープンした居酒屋だ。博多の屋台を模した店内で、焼き肉、おでん、ラーメンなど多彩なメニューを楽しめる。デーブ氏に聞いた。

「え、橋本? 今日はいないけど、週に1回ぐらいは働いていますよ。あいつは巨人時代の後輩で、バッテリーも組んでいた。去年あんなことになって仕事がゼロになったっていうから、うちで働いてみないかって誘ったんです。野球の仕事がダメになった今、あいつはバーのような飲食店をやりたいそうです。その勉強も兼ねてるんでしょう。プロ野球とか芸能界っておとぎ話みたいなもんで、ケタ違いのお金をもらえるから、普通の感覚がマヒしてる。ここではお客さんに頭を下げながら、1杯500円の焼酎を売る。アイツなりに苦しみながら、一生懸命働いてくれてますよ」

残念ながら本誌記者は橋本氏に会えなかったが、往年の名バッテリーに会える居酒屋として繁盛しそう。




下は1987ドラフトで巨人が指名した選手です。橋本清は1位指名され入団。プロでの成績はこちら

巨人の1987ドラフト指名選手
1位 橋本 清 PL学園高 投手
2位 後藤 孝次 中京高 内野手
3位 礒貝 公伸 宮崎南高 投手
4位 小沢 浩一 三菱自動車水島 内野手
5位 益田 明典 愛知学院大 投手
6位 杉山 直樹 沼津学園高 捕手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:05│ あのドラフト選手は今・・・ 
ドラフトニュース検索