ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
指名予想
2017ドラフト
情報まとめ
ホームに
もどる

日ハムスカウト部長が明言、「宮台(東大)は上位候補」

2017年02月24日

2/24、サンケイスポーツ6面より

宮台 康平 (東京大・投手)
178cm・左投左打・動画

今秋のドラフト候補、宮台康平投手(動画)を擁する東京六大学リーグ、東大が23日、沖縄・那覇市の首里高石嶺野球場でバッテリー合宿を開始した。昨夏に左肩痛を発症した最速150キロ左腕は、ブルペンで188球の投げ込み。視察した日本ハム・大渕隆スカウト部長に、順調な回復ぶりをアピールした。

小雨がぱらつき、沖縄合宿初日は肌寒い気候となったが、ブルペンは熱気に包まれていた。左肩痛の影響が心配された宮台が188球を投げた。「特に肩の痛みもなく、投げられています。調整しながら、2週間やっていきたいです」

昨夏に痛め、東京六大学秋季リーグ戦登板は1試合に終わったが、順調に回復中。2月中旬の大分でのリハビリキャンプでは、1日平均350球の投げ込み。最速150キロを誇るが、あえて130キロ程度に抑えて、疲労を軽減する投球フォーム作りに挑戦している。さらに、オフの走り込みで体重は1キロ増。ズボンがきつくなるなど、パワーアップを実感する。

宮台の沖縄での始動に合わせて、日本ハム・大渕スカウト部長も視察に訪れた。昨年12月下旬にプロ志望を表明した際には、栗山監督がラブコールを送っており「プロに行くアマチュアの選手の体形になってきた。(左肩が)どのくらい回復するか心配だったが、きょうの様子を見たら安心した。フォーム自体が安定していて、バランスがいい」と納得の表情。「上位候補でしょう」と今後も動向を追っていく。

1月の練習始めにはプロ5球団のスカウトが訪問するなど、注目度は高まるが「あくまで目標は春の開幕戦。勝ち点のためにも、僕が投げる1戦目、3戦目が大事になる。中1日を想定して、やっていきたい」と宮台。プロを目指す“赤門エース”にとっては、勝負のシーズンになる。



宮台君のスカウト評はこちら



下は大学生・投手の主なドラフト候補です。

2017大学生のドラフト候補 <投手>
馬場皐輔(仙台大) スカウト評
宮川哲(上武大) スカウト評
斉藤大将(明治大) スカウト評
宮台康平(東京大) スカウト評
高橋遥人(亜細亜大) スカウト評
鍬原拓也(中央大) スカウト評
椎野新(国士舘大) スカウト評
渡辺佑樹(横浜商科大) スカウト評
平岡敬人(中部学院大) スカウト評
浜口雄大(岐阜経済大) スカウト評
与座海人(岐阜経済大) スカウト評
東克樹(立命館大) スカウト評
岡田和馬(近畿大) スカウト評
近藤弘樹(岡山商科大) スカウト評
小久保気(四国学院大) スカウト評
草場亮太(九州産業大) スカウト評


draftkaigi at 07:07│ 日本ハム 
ドラフトニュース検索