ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
指名予想
2017ドラフト
情報まとめ
ホームに
もどる

阪神ドラ6・福永春吾、2軍監督「収穫あり」

2017年02月24日

2/24、サンケイスポーツ4面より

2016阪神ドラフト6位 福永春吾
徳島インディゴソックス・投手・動画

阪神のドラフト6位・福永春吾投手(動画)が西武2軍との練習試合にプロ初先発し、二回に西武の森友哉捕手にプロ初となるソロを浴びた。強烈なプロの洗礼を浴びたが、1軍クラスを並べた相手に3回2安打1失点の力投。掛布雅之2軍監督は期待を寄せた。

0―0の二回一死。走者なしから福永が投じた初球111キロのカーブは簡単にはじき返された。4年目の森が一閃した打球は、右中間付近のスコアボードに直撃した。

「低めに丁寧にいこうと思ったところをひろわれました。(森は)しっかりと自分のスイングができていた。試合を重ねていい打者と対戦するなかで(投球の間合いを)感じ取れたらいいと思います」。1軍クラスの強打者に力の差を見せつけられたが、被弾後は一人の走者も出さなかった。

最速144キロで3回を2安打1失点にまとめた。この日を含めて高知・安芸キャンプ中の対外試合で3試合に登板し計7回1失点と好成績を残した。掛布2軍監督「(被弾した)その後も崩れず自分の投球をしていた。収穫あり。また試合でみたいと思わせた」とうなった。

キャンプは24日の休日を挟んで25日から最終クールに入る。1、2軍の入れ替えはない見通しだが「いつ(1軍に)呼ばれてもいいように投手コーチとも話し合いながら、下にいるうちから練習したい」と力を込めた。闘志満点の投球を続け1軍行きのチャンスを手にしてみせる。

(2月23日 練習試合 西武2軍 4―1 阪神2軍)




下は2016ドラフトで阪神が指名した選手です。

阪神の2016ドラフト指名選手
1位大山 悠輔白鴎大 内野手
2位小野 泰己富士大 投手
3位才木 浩人須磨翔風高 投手
4位浜地 真澄福岡大大濠高 投手
5位糸原 健斗JX-ENEOS 内野手
6位福永 春吾四国IL・徳島 投手
7位長坂 拳弥東北福祉大 捕手
8位藤谷 洸介パナソニック 投手


draftkaigi at 07:06│ 阪神 
ドラフトニュース検索