ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
指名予想
ホームに
もどる

広島ドラ1・加藤拓也、圧巻の2回5奪三振デビュー

2017年02月25日

2/25、デイリースポーツ6面より

2016広島ドラフト1位 加藤拓也
慶応大・投手・動画

広島のドラフト1位・加藤拓也投手(動画)が24日、練習試合・ロッテ戦でプロ初登板初先発した。2四球と制球に苦しんだものの、予定の2回を2安打、5三振で無失点デビューを飾った。走者を背負っても堂々とした投球で強心臓ぶりを披露。対外試合初マウンドで大器の片りんを見せつけた。

ピンチにも動じなかった。期待を一身に背負った加藤の対外試合初登板初先発。球場がざわつく中、ルーキーは平常心を貫いた。船越のミットを目がけて全力投球。力強いボールで観客の視線を奪った。

初回、先頭の高浜にストレートの四球を与え、鈴木には中前打で出塁を許した。続く清田にもストライクが入らず、無死満塁。すかさず、畝投手コーチがマウンドに向かって、ひと呼吸置いた。

「呼吸が浅かった。浮足立っていたとかではないですけど、どっしりできていなかった。畝さんから『思い切っていけ』と言われました。とりあえず、落ち着いて投げることを意識した」

圧巻の投球が始まったのはここからだ。いきなり訪れた試練で打席には4番・パラデス。2球で追い込むと、勝負球の低めへ鋭く落ちるフォークで空振り三振を奪った。5番・ダフィーもフォークでバットに空を切らせて2死。さらに平沢を見逃し三振に仕留めた。

二回も先頭の井上に左前打を浴び、自身のボークで二進させてしまった。だが、柴田と吉田を連続三振に抑えて2死。最後は高浜を143キロ直球で二飛に抑え込んだ。予定の2回を2安打無失点。「ゼロで抑えられたことはよかった。初球の入りであったり、ボークを出してしまったのが課題です」と反省した。

制球面で苦しんだが、力強い投球に緒方監督は「ストライク、ボールどうこうではなく、緊張感がある中でしっかり腕が振れていた。球に力がある。内容はよくなかったが、マウンドでのハートの強さを見せてくれた」と高く評価した。

着実に結果を残し続けているドラ1右腕。14日と19日に行われた紅白戦でも2回ずつを投げて失点はなし。これで、実戦登板計6回無失点とした。「立ち上がりからしっかり投げられるように準備したい」と次回登板を見据えた加藤。開幕1軍へ、ゴールデンルーキーが存在感を見せ続ける。

(2月24日 練習試合 広島 9―1 ロッテ)




下は2016ドラフトで広島が指名した選手です。1位・加藤君のスカウト評はこちら

広島の2016ドラフト指名選手
1位 加藤 拓也 慶応大 投手
2位 高橋 昂也 花咲徳栄高 投手
3位 床田 寛樹 中部学院大 投手
4位 坂倉 将吾 日大三高 捕手
5位 アドゥワ 誠 松山聖陵高 投手
6位 長井 良太 つくば秀英高 投手


draftkaigi at 07:34│ 広島 
ドラフトニュース検索