ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
指名予想
2017ドラフト
情報まとめ
ホームに
もどる

田嶋大樹(JR東日本)、阪神スカウトが追う!

2017年02月28日

2/28、デイリースポーツ9面「虎が追う」より

田嶋 大樹 (JR東日本・投手)
180cm・左投左打・動画

アマナンバー1左腕の呼び声も高いJR東日本・田嶋大樹投手(動画)。高校時代も上位候補の評価を受けたが、社会人野球で己を磨くことを選んだ。社会人と23歳以下の日本代表も経験するなど、順調な成長の背景にあったのは、プロ入り後も見据えた3年計画の体作り。期待され続けた大器が、ドラフトイヤーで集大成を披露する。

天性のしなやかさに、芯の通った強さが備わってきた。ギリギリとバネを引き絞り、ビュンと力を放つ。田嶋の快速球は、そんなイメージがふさわしい。

佐野日大では3年春にセンバツ4強。肩の広い可動域を生かしたキレのある140キロ台中盤の直球、鋭いスライダーで甲子園を沸かせた。スカウト陣もそろって上位候補にリストアップした。

社会人入りは、3年夏の敗戦が大きかった。2季連続の甲子園をかけた栃木大会決勝。満を持して先発したが、左脇腹を痛めて途中降板。エースの務めを果たせなかった。痛感したのは体の弱さ。プロで通用する投手になるべく、3年間をかけた体作りを決意した。

入社直後から公式戦に登板しながら、長期の計画を立てた。1年目は基礎体力の強化を重視。持久力をつけようと、とにかく走り込みに励んだ。2年目のテーマは投げるスタミナ。キャンプでは定期的に150球以上の球数を設定し、ほぼ毎日ブルペン入りした。

「だいぶ強くなったと思います。ランニングが苦手だったけど、いいペースで走れた」。今年1月の始動日には、充実の表情を浮かべていた。体重は入社時の72キロが77キロに。最速も145キロから152キロに伸びた。「体重はあと2、3キロ増やしたい。体が細いと言われるので、そこも強くすれば球速ももう少しいけるかな」と、3年目の青写真を描く。

日本代表の経験も生かした。15年に社会人代表でチームメートだった山岡(オリックス)には、メンタル面の助言を仰いできた。「打たれたらどうしようとか細かいことを気にせず、堂々とやる」という姿勢を身に付けた。昨秋のU―23代表では、腰を痛めて登板はなかったが、プロの若手に生活面の実態をリサーチ。体のケアなど自己管理の重要性を確認した。

高校時代から担当する阪神・平塚スカウトは「一番いいところは、やっぱり腕の振り」と魅力を説明。社会人野球の厳しさに身を置いて「1年目は崩れ出すとガタガタいったが、2年目は修正されてきた」と、精神的な成長も感じ取った。

過去2年間は都市対抗出場に貢献しながら、本大会では2年連続初戦敗退。「今度こそ優勝したい。先に点を取られることが多かったので、味方が点を取るまでゼロに抑える」と、今季の目標を掲げる。

平塚スカウトは「球がいいのは分かっている。注目したいのは結果かな。局面でのメンタルや自覚はどうなのか」とポイントを挙げた。誰にもケチをつけられることのない内容と成績こそ、田嶋にとって集大成となる3年目のノルマ。「プロに行くなら、1位で行きたい」という言葉を現実にする社会人野球の修了証となる。



田嶋君のスカウト評はこちら



下は社会人・投手の主なドラフト候補です。

2017社会人のドラフト候補 <投手>
鈴木康平(日立製作所) スカウト評
田嶋大樹(JR東日本) スカウト評
西村天裕(NTT東日本) スカウト評
柏原史陽(JX-ENEOS) スカウト評
江口昌太(JX-ENEOS) スカウト評
鈴木博志(ヤマハ) スカウト評
山本大貴(三菱自動車岡崎) スカウト評
中山匠(キャプテイ) スカウト評


draftkaigi at 07:10│ 阪神 
ドラフトニュース検索