ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
指名予想
2017ドラフト
情報まとめ
ホームに
もどる

阪神ドラ1・大山悠輔、マルチ安打に監督も絶賛

2017年02月28日

2/28、スポーツニッポン2面より

2016阪神ドラフト1位 大山悠輔
白鴎大・三塁手・動画

これが本来の姿だ。阪神のドラフト1位・大山(動画)は紅組の「7番・三塁」で出場しマルチ安打を記録した。3回、先頭で打席に入ると岩田から、チーム初安打となる三遊間突破の左前打。5回無死二塁では、岩貞の外より直球を捉え二遊間突破の中前打と、キャンプ中盤までの不振がウソのように、快音を連発した。

「形というよりも、積極的に振れているから結果が出ていると思う。しっかり振りにいけているのはいいこと。自分の持ち味でもあるので、続けていきたい」

別人のようにバットが走る。8日の紅白戦から5試合15打数無安打とどん底に沈んでいたが、22日の紅白戦で「プロ初安打」を放って以降は3試合連続安打で計8打数5安打。「全体的にレベルアップできた」と言う手応え通り、打席での戸惑いやスイングの迷いが感じられなくなってきている。

追い込まれてからの余裕が結果に結びついている。チームミーティングでは「(追い込まれてから)違うスポーツというくらい意識を変えろ」と言われている。7回、同期の小野との対戦でカウント3―2からファウルを打った際にバットを折られたが、冷静に対処し続くボールを選び四球。安打が出ない呪縛から解き放たれたことで、対応力も発揮しつつある。

金本監督は「良いポイントで打っている。あれだけ前で打つ打者、少ないからね。だんだん慣れてきたら、もっと良いものが出てくる」と評価。「(引き続きオープン戦で打席に)立たせたいよね」と、今後も1軍に帯同させることを明言した。

「これからもオープン戦は続く。もっとレベルアップできるように、一日一日無駄にせずにやっていきたい」。トンネルは抜けたが、本当の勝負はこれから。立ちはだかる壁を乗り越えた先に、目標の「開幕1軍」が見えてくる。

(2月27日 阪神紅白戦 紅組 2―2 白組)




下は2016ドラフトで阪神が指名した選手です。1位指名の大山君のスカウト評はこちら

阪神の2016ドラフト指名選手
1位大山 悠輔白鴎大 内野手
2位小野 泰己富士大 投手
3位才木 浩人須磨翔風高 投手
4位浜地 真澄福岡大大濠高 投手
5位糸原 健斗JX-ENEOS 内野手
6位福永 春吾四国IL・徳島 投手
7位長坂 拳弥東北福祉大 捕手
8位藤谷 洸介パナソニック 投手


draftkaigi at 07:08│ 阪神 
ドラフトニュース検索