ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
指名予想
ホームに
もどる

清宮幸太郎(早稲田実)、中日が1位候補と高く評価

2017年02月28日

2/28、中日スポーツ10面「ライバルを越えてゆけ!」より

清宮 幸太郎 (早稲田実・一塁手)
184cm・右投左打・動画

高校入学後、最大の屈辱となった昨秋の東京都大会決勝の日大三戦。チームは8―6で逆転勝ちしたが、清宮(動画)は、左腕の桜井のスライダーに5打席連続三振。これが、このオフの進化につながった。

和泉実監督は「三振することを嫌がるならバットに当てることぐらいはできただろうが、遠くに飛ばそうと打ちにいったのが、アイツの負けん気。ああいう強い気持ちが、練習の肥やしになっている」と振り返る。

清宮は、この映像を何度も見たという。ボール球を振っていた。明治神宮大会に向け、体が開かないようにフォームを修正。履正社に打ち負けたものの、米アストロズの大慈弥スカウトは「間が取れるようになった」と評価。冬の間のウエートトレーニングで体重も100キロを超えてパワーアップした。

ドラフト1位候補として高く評価する中日の中田スカウト部長は「バッターとしての天性のものを備えているのは間違いない。いい選手は、スカウトの仕事を抜きにしても見たい。清宮はそういう選手」と強烈なデビューをした1年夏以来の甲子園となる清宮に期待する。

大舞台を自分の力にできる気持ちの強さもある。センバツ出場が決まった1月27日の会見では「甲子園は自分の思っている以上の力を出させてくれるところ。球が遅く見えたり、自分にいいように働いてくれる」と自信を持って言い切り、報道陣を驚かせた。

「自分が入ってからの早実の強みは、球場全体で雰囲気を変えて相手をのみ込んでいくところ」と胸を張ったが、そのムードづくりの先頭に立っているのは清宮。5三振を喫してもベンチで落ち込むことなく、主将として掲げた「GO! GO! GO!」通りに声をからした。

春夏合わせて50度目の甲子園で「新しい歴史をつくりたい」と清宮。高校通算78本塁打の数字をさらに伸ばせば、王貞治(ソフトバンク球団会長)を擁した1957年以来60年ぶりのセンバツ制覇も見えてくる。



清宮君のバッティング動画はこちら

清宮君のスカウト評はこちら


draftkaigi at 08:23│ 中日 
ドラフトニュース検索