ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
指名予想
2017ドラフト
情報まとめ
ホームに
もどる

巨人ドラ7・廖任磊が1軍昇格、「全力アピールする」

2017年03月03日

3/3、スポーツ報知2面より

2016巨人ドラフト7位 廖任磊
開南大卒(台湾)・投手・動画

巨人のドラフト7位・廖任磊(リャオ・レンレイ)投手(動画)が3日から1軍に合流する。今回の昇格はテストの意味合いが強いが、猛アピールに成功すれば、1軍残留の可能性もある。2日はG球場で2軍練習に参加した右腕は「全力でアピールしたい」と千載一遇のチャンスをつかみ取る決意を示した。

ついにこの時がきた。台湾からやってきた身長201センチ、125キロの大型右腕は夢の舞台を前に興奮していた。「気持ちは半分半分ですね。緊張と楽しみがあります」と、目をきらきらと輝かせた。

尾花投手コーチはリャオの昇格について「見たことがないから見ることが目的」と説明した。主力級に比べて起用の優先順位は低いが、魅力があるからこそ1軍に呼ばれたことも事実だ。デビューは早ければ4日の日本ハムとのオープン戦。少ない機会を生かし、1軍残留を勝ち取るには、誰もが納得する投球が必要になる。

ワンチャンスをモノにし、1軍に定着した同郷のスターがいる。台湾出身で同じ背番号97を背負った呂明賜氏だ。1988年に来日するや初打席初本塁打。1年目から16発を放った。「第3の外国人」という位置付けから巨人の第51代4番にまで上り詰めた経歴は、今回ルーキーが目指す道と重なる。

この日、リャオはブルペンで26球を投げ、準備を整えた。呂明賜氏の話題になると、「もちろん知っていますよ。台湾のレジェンドです!」と声のトーンを上げた。

すでにファームの実戦では最速150キロをマークするなど、大先輩ばりの鮮烈デビューを果たす予感は十分にある。「直球をしっかり投げ込みたい」と持ち味をフルにアピールすることを誓った規格外ルーキー。約30年越しとなる伝説継承を狙う。




下は2016ドラフトで巨人が指名した選手です。

巨人の2016ドラフト指名選手
1位 吉川 尚輝 中京学院大 内野手
2位 畠 世周 近畿大 投手
3位 谷岡 竜平 東芝 投手
4位 池田 駿 ヤマハ 投手
5位 高田 萌生 創志学園高 投手
6位 大江 竜聖 二松学舎大付高 投手
7位 廖 任磊 台湾・開南大 投手
育1 高井 俊 BCL・新潟 投手
育2 加藤 脩平 磐田東高 外野手
育3 山川 和大 BFL・兵庫 投手
育4 坂本 工宜 関学大・準硬式 投手
育5 松原 聖弥 明星大 外野手
育6 高山 竜太朗 九州産業大 捕手
育7 堀岡 隼人 青森山田高 投手
育8 松沢 裕介 四国IL・香川 外野手


draftkaigi at 07:06│ 巨人 
ドラフトニュース検索