ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
指名予想
ホームに
もどる

中日ドラ1・柳裕也、自滅で1イニングで降板

2017年03月03日

3/3、中日スポーツ3面より

2016中日ドラフト1位 柳裕也
明治大・投手・動画

ひとつのアウトが重い。「見ての通りでしょ」。先発マウンドに上がったドラフト1位の柳裕也(動画)は、苦笑いするしかなかった。中田と大谷の二枚看板が不在とはいえ、1軍クラスが居並ぶ日本ハムの上位打線。意識するなというほうが難しかった。

先頭の西川は2球で二ゴロに仕留めたが、続く中島の術中にはまる。カット打ちの名手に追い込んでから3球連続でファウルで粘られ、根負けの四球。2死となり、レアードへの4球目で盗塁を許すと、打席にいた昨季の本塁打王には外角低めのカットボールを左前に運ばれた。

4試合目の実戦で初めて許した生還。何とか炎上は食い止めたが、1イニングで30球もの球数が苦しさを象徴していた。2回裏に場内アナウンスが告げる投手交代。「僕からは何も言えません」。オープン戦初登板は、1安打2四球の1失点。結果的に勝ち投手にはなったが、苦い記憶となった。

複数イニングを予定していた中での降板に、友利投手コーチは「点を取られたら替えると言ってあった。だから替えた。あれ以上見ても一緒でしょ」と説明。昨季の日本一に敵地で先発した姿には「あのカクテル光線の中で雰囲気も違う。(精神的に)変わるのは当然」とフォローした。

開幕ローテを争う他の若手が5イニング前後を投げている時期に、いまだ最長で2イニング。ふるい落としの3月に入り、後退にも近い足踏みは否めない。友利コーチは今後も先発機会を与える方針を示しながらも「投げ込みしないとね」と指摘。試合をつくっていく体力面の向上も求めた。

それでも、ただでは転ばないのがドラフト1位。試行錯誤の姿も見せた。「すべての球種で抑えにいく」と語っていた通り、春季キャンプで練習してきたチェンジアップを解禁。1死一塁で迎えた田中賢には外角低めに制球して三邪飛に仕留め、温めてきた武器に兆しも見えた。北の大地で得た経験と教訓。胸に刻み付け、しぶとく前進してみせる。

(3月2日 オープン戦 中日 5―1 日本ハム)



下は2016ドラフトで中日が指名した選手です。1位・柳君のスカウト評はこちら

中日の2016ドラフト指名選手
1位 柳 裕也 明治大 投手
2位 京田 陽太 日本大 内野手
3位 石垣 雅海 酒田南高 内野手
4位 笠原 祥太郎 新潟医療福祉大 投手
5位 藤嶋 健人 東邦高 投手
6位 丸山 泰資 東海大 投手
育1 木下 雄介 四国IL・徳島 投手


draftkaigi at 07:23│ 中日 
ドラフトニュース検索