ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
全指名選手
12球団の
情報まとめ
ホームに
もどる

巨人ドラ7・廖任磊、監督「開幕1軍の可能性もある」

2017年03月04日

3/4、スポーツ報知5面より

2016巨人ドラフト7位 廖任磊
開南大卒(台湾)・投手・動画

巨人のドラフト7位・廖任磊(リャオ・レンレイ)投手(動画)が3日、新人一番乗りで1軍に昇格し、日本ハム室内練習場での全体練習に参加した。近距離での剛球キャッチボールに続き、由伸監督の前でブルペン入りするなど、デビュー前から猛アピール。練習時の札幌は雪でマイナス1度だったが、1軍初登板に燃えるリャオの熱が寒気を吹き飛ばした。

天井が低い・・・と見間違えるほどのスケールだった。201センチ、125キロのリャオは、1軍でも飛び抜けた存在感を放った。札幌入り後、室内練習場で行われた全体練習。早ければ4日の日本ハム戦でオープン戦初登板する大型新人が、デビュー前から周囲の視線を独占し続けた。

「緊張感がある中、1軍で練習できて良かったです」と謙虚に振り返った合流初日から、オーラ全開。まずは丸太のような手足をダイナミックに動かしてウォーミングアップ。後ろにいた身長193センチのカミネロが普通に見えるほど、デカさは群を抜いていた。

キャッチボールでは、室内のいっぱいいっぱい、約40メートルの距離を取りながらレーザービームを繰り出した。20メートルに距離を詰めると、キャッチボール相手の乾ではなく、ブルペン捕手がキャッチ。ミットで捕球後、乾にボールを渡す―という“リャオ仕様”のキャッチボールとなった。

続けて「フォームのバランスをチェックしたかった」と意欲的に2日連続でブルペンに入り、威圧感十分のトルネード投法を披露。1球目が高く抜けると、捕手の真後ろに陣取っていた村田ヘッドコーチがネット裏に避難する一幕もあった。

しかし、その後は構え通りに重量感たっぷりの直球が続き、同ヘッドは「思ったよりまとまっていた。145、146キロは出る」と評価。大器の投球を由伸監督もじっくりとチェックした。

今回の昇格はテスト登板の意味合いが強いが、指揮官は「抑えれば(1軍に残る)可能性はあるんじゃないかな。抑えて、また次の機会に抑えればね」と説明。「何が通用して何が通用しないのか、投げてみないと分からないからね」と未知の能力に期待した。

マイナス1度の寒気を吹き飛ばした熱く激しい「リャオ劇場」で1軍デビューへの準備は完了。「自分の持ってるものを出せるようにしたい」と気合十分の規格外ルーキーが、いよいよベールを脱ぐ。




下は2016ドラフトで巨人が指名した選手です。

巨人の2016ドラフト指名選手
1位 吉川 尚輝 中京学院大 内野手
2位 畠 世周 近畿大 投手
3位 谷岡 竜平 東芝 投手
4位 池田 駿 ヤマハ 投手
5位 高田 萌生 創志学園高 投手
6位 大江 竜聖 二松学舎大付高 投手
7位 廖 任磊 台湾・開南大 投手
育1 高井 俊 BCL・新潟 投手
育2 加藤 脩平 磐田東高 外野手
育3 山川 和大 BFL・兵庫 投手
育4 坂本 工宜 関学大・準硬式 投手
育5 松原 聖弥 明星大 外野手
育6 高山 竜太朗 九州産業大 捕手
育7 堀岡 隼人 青森山田高 投手
育8 松沢 裕介 四国IL・香川 外野手


draftkaigi at 07:06│ 巨人 
ドラフトニュース検索