ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
指名予想
2017ドラフト
情報まとめ
ホームに
もどる

ヤクルトドラ2・星知弥、監督「開幕1軍十分ある」

2017年03月05日

3/5、サンケイスポーツ2面より

2016ヤクルトドラフト2位 星知弥
明治大・投手・動画

出た、151キロ!!。ヤクルトのドラフト2位・星知弥投手(動画)が4日、ソフトバンクとのオープン戦に六回から2番手として実戦初登板。2回を1安打無失点に抑え、3三振を奪った。直球の最速は151キロを計測。相手の主軸を打つ柳田、中村晃らを抑えた右腕に、真中満監督は「開幕1軍の可能性は十分にある」と太鼓判を押した。

強打の鷹打線を封じ込めた。2番手として六回に登板した星は、初めての実戦でも物おじすることなく、武器の直球で強気に攻めた。「真っすぐで空振りが取れたし、最後もよくなって、直球で押せるとわかった。それが持ち味だし、投球スタイル」

いきなり大物を抑えた。先頭打者は2015年にトリプルスリーを達成した柳田。2球連続で直球で押し、最後は右飛に打ち取った。続く吉村を投ゴロ。さらに中村晃をカウント0―2と追い込んだ後の3球目は、この日の最速の151キロを計測した。ファウルにされたが、最後も直球で空振り三振を奪った。

日本代表の経験がある柳田、中村晃を抑えても「まだ実感はありません」と星。課題に挙げたのは制球力だ。2回、打者7人を相手に41球。「ここ一番での変化球の精度が低すぎる」と反省が口をついた。

目指すは燕の大先輩・石川だ。「あのコントロールとシンカーの精度はすごい」と制球力で生き抜くベテラン左腕の投球に刺激を受けている。真中監督は「最初の登板で球は強いし、開幕1軍の可能性は十分にある」と目を細める。次回登板は9日の楽天戦(倉敷)の予定。ヤクルト期待の右腕がまた一歩、前に進んだ。

(3月4日 オープン戦 ヤクルト 9―4 ソフトバンク)




下は2016ドラフトでヤクルトが指名した選手です。2位・星君のスカウト評はこちら

ヤクルトの2016ドラフト指名選手
1位寺島 成輝履正社高 投手
2位星 知弥明治大 投手
3位梅野 雄吾九州産業高 投手
4位中尾 輝名古屋経済大 投手
5位古賀 優大明徳義塾高 捕手
6位菊沢 竜佑相双リテック 投手
育1大村 孟BCL・石川 捕手


draftkaigi at 07:09│ ヤクルト 
ドラフトニュース検索