ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
全指名選手
12球団の
情報まとめ
ホームに
もどる

清宮幸太郎(早実)、日ハム・オリックス・ソフトB評価

2017年03月09日

3/9、日刊スポーツ6面より

清宮 幸太郎 (早稲田実・一塁手)
184cm・右投左打・動画

豪快な1発が、球春到来を告げる合図だった。早実・清宮(動画)が、今季初の対外試合となる早大との練習試合で場外弾を放った。9回無死、早大・小宮山将が投じた真ん中高めの直球を強振。右翼席後方の約15メートルの防球ネットを越え、隣接する準硬式野球部のグラウンドに落ちた。

高校通算79号となる推定飛距離130メートルの特大弾だった。学校の方針で清宮の取材は行われなかった。ただ、ネット裏に集まった8球団のスカウト陣はそろって感嘆の声を上げた。

▼日本ハム・岩舘スカウト
「2ボールからのストライクを一発で仕留めるのはさすが。飛距離もすごいね」

▼オリックス・中川スカウトグループ長
「ファウルにせず、一発で仕留めるのは持っている。この状況で打てるのがすごいね」

▼ソフトバンク・山本スカウト
「打撃はずば抜けているね。いいものが見られて良かった」

チームは17失点で大敗したが、清宮は冬の成長を証明した。フリー打撃では、元レッドソックスのオルティスも行った逆方向への打撃を取り入れ、体の開きを修正。6回の中犠飛は成果を示すように左投手のスライダーを引きつけ、紙一重の飛球を打ち上げた。

いよいよ、節目の80号に王手をかけた。清宮にとっては、中学1年時に父・克幸氏から示された数字でもある。清宮イヤーを予感させる華々しいスタートを飾った。

(3月8日 練習試合 早稲田大 17―6 早稲田実)



清宮君のスカウト評はこちら



下は高校生・野手の主なドラフト候補です。

2017高校生のドラフト候補 <捕手>
篠原翔太(報徳学園) スカウト評
古賀悠斗(福岡大大濠) スカウト評
村上宗隆(九州学院) スカウト評
2017高校生のドラフト候補 <内野手>
峯村貴希(木更津総合) スカウト評
清宮幸太郎(早稲田実) スカウト評
綱島龍生(糸魚川白嶺) スカウト評
安田尚憲(履正社) スカウト評
太田英毅(智弁学園) スカウト評
嶋谷将平(宇部鴻城) スカウト評
2017高校生のドラフト候補 <外野手>
西川愛也(花咲徳栄) スカウト評
増田珠(横浜) スカウト評
岡田悠希(龍谷大平安) スカウト評


draftkaigi at 07:32│ オリックス | ソフトバンク
ドラフトニュース検索