ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
指名予想
ホームに
もどる

2017センバツ展望&注目選手(東京スポーツ)

2017年03月11日

3/11、東京スポーツ5面「センバツ大予想」より
第89回選抜高校野球大会の組み合わせ抽選会が10日、大阪市内で行われた。怪物・清宮幸太郎(動画)を擁する早実(東京)は第5日第2試合で明徳義塾(高知)と対戦する。初出場4校を含む32代表の頂点を決める群雄割拠の戦いがスタートするが、紫紺の優勝旗を手にするのはどこか。Vの行方を占った。

清宮に注目が集まる今大会だが、V本命はその清宮のライバルスラッガー・安田を擁する神宮大会覇者の履正社(大阪)だ。清宮以上の飛距離を誇る高校通算45本塁打の安田(動画)勝負強い若林(動画)、筒井からなるクリーンアップは脅威。

安田は今冬に広角打法に取り組み、さらに打撃に磨きをかけている。本格派の好投手・竹田(動画)は最速145キロのストレートとスライダーが魅力。松井、田中も控え、投打に他を一歩リードしている。

対抗は清宮(動画)を中心とした強力打線の早実(東京)だ。高校通算79本塁打、主将としてスケールアップした怪物だが、4番・野村(動画)もパワーでひけを取らない。通算23本塁打と先輩を上回るペースで打ちまくり“新怪物”として聖地に登場する。投手陣に絶対エースが不在なだけに、両大砲の打撃が悲願達成のカギを握る。

九州勢にもV射程圏内の強豪が控える。福岡大大濠(福岡)は昨秋の県大会、九州大会、神宮大会の13試合を1人で投げ抜いた鉄人右腕・三浦(動画)を擁し、捕手の古賀(動画)も打撃センスあるプロ注目の逸材だ。

昨年、春夏とベスト4入りした秀岳館(熊本)も戦力充実。主戦の田浦(動画)長打力ある広部(動画)ら甲子園経験者を中心に雪辱に燃えている。

履正社ばかりが注目される関西勢だが、常連の大阪桐蔭(大阪)も虎視眈々と覇権奪回を狙っている。エース・徳山(動画)、井上、香川に加え、146キロの剛腕2年生・根尾(動画)が台頭するなど投手層は厚い。打線も山本、藤原と屈指の破壊力を誇り、勢いに乗ると一気に勝ち上がるかもしれない。

他には昨秋の東京大会で清宮を5三振と牛耳った桜井(動画)強打者・金成(動画)を擁する日大三(東京)に、昨夏4強組が多く残る名門、明徳義塾(高知)。エース・大関が注目され、夏春連覇を目指す作新学院(栃木)も侮れない存在だ。



2017センバツ、スポーツ紙の評価はこちら


draftkaigi at 07:24│ 甲子園大会展望 
ドラフトニュース検索