ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
指名予想
ホームに
もどる

2017センバツ展望 (スポーツ報知の見解)

2017年03月11日

3/11、スポーツ報知4面「展望」より
昨秋の明治神宮大会覇者で優勝候補筆頭の履正社は、初日に強豪の日大三と激突。決勝でもおかしくないビッグマッチが実現した。ほかにも初戦から好カードが続出。神宮大会準Vの早実と四国王者の明徳義塾、北信越を制した福井工大福井と東北覇者の仙台育英は、ともに昨秋の地区優勝校同士がしのぎを削る。

奈良勢―熊本勢が2試合で、同一都道府県から複数出場し、それぞれが初戦で対決するのは、93年の東京勢―京都勢以来。春連覇を目指す智弁学園は、最速149キロ右腕・山口(動画)を擁する熊本工を迎え撃つ。秀岳館は昨年春夏4強の経験者が投打で健在。高田商戦を乗り切れば、勢いに乗りそうだ。

2年生に逸材がそろう大阪桐蔭は、1回戦大トリで登場。宇部鴻城静岡など地区V校がそろい、頂点まで中1日と連戦を繰り返す厳しいヤマを抜け出せるか。




2017センバツ、スポーツ紙の評価はこちら



draftkaigi at 10:11│ 甲子園大会展望 
ドラフトニュース検索