ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
指名予想
ホームに
もどる

後藤克基(滋賀学園)、140メートル弾でスカウト注目

2017年03月16日

3/16、中日スポーツ11面より

後藤 克基 (滋賀学園高・捕手)
172cm・右投右打・動画

プロ注目投手を打ち崩す準備が、できつつある。滋賀学園の後藤(動画)は低くて速い打球を右へ左へ次々と飛ばした。「甲子園は2回目だけど興奮する。本番はそれを抑えて自分のプレーをしないと」と表情を引き締めた。1年夏からマスクをかぶり、昨年のセンバツ大会は初出場ながら8強入りに貢献した高校通算26本塁打の好打者。

昨秋の近畿大会は、智弁和歌山戦で紀三井寺球場レフト場外へ特大弾を放ち、民家を直撃。中田翔(2007日ハム1巡目)が大阪桐蔭時代に場外弾を放ってから設けられた高さ15メートルの防球ネット、通称・中田ネットを越えた推定140メートルの打球に、プロのスカウトの注目を集めた。

8日から始まった練習試合では、奈良大付戦で26本目をマークした。大会第3日の21日に、ドラフト候補の147キロ右腕・金久保を擁する東海大市原望洋との1回戦を迎える。

「球の速い投手はそれほど苦にしないと思う。いい投手と意識せず、しっかりボールを絞っていけば」。こう言えるのは、冬場に75キロのベンチプレスを上げるメニューを取り入れ、上半身を徹底的に鍛えたから。4キロの増量を遂げ、体のキレはそのままに、速球に振り負けないパワーを身に付けた。

対戦が決まってから行っている通常より4メートルほど前に投手を立たせての打撃練習でも、快音を響かせているという。金久保を相手に、「試合の中で1発打てたら」。難敵ほど燃える闘志をバットに込める。




後藤君のバッティング動画はこちら

draftkaigi at 10:14│ 高校 
ドラフトニュース検索