ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
指名予想
ホームに
もどる

プロ注目・浅野亨太(大府)、中京大へ進学

2017年03月17日

3/17、中日スポーツ8面より

浅野 亨太 (大府高・投手)
179cm・右投右打・動画

愛知県立高の強豪・大府で、2年春からエースナンバーを背負っていた浅野(動画)。179センチ、80キロでスリークオーターから、右打者の内角に食い込む独特の球筋を描く投球が持ち味。準々決勝敗退を喫した高3夏の県大会では、最速144キロをマークし、プロのスカウトにも逸材として評価されていた。

本人は当初、東京の大学を志望していた。だが第一志望の大学のセレクションで不合格に。プロ志望届の提出を考え、昨年9月ごろまで悩んでいた。

だが、「行きたかった大学に行けなかったのは、実力が足りないから。今のままプロ志望届を出しても確実じゃない。大学で4年間、ちゃんと実力をつけ、体もつくってからプロを目指そう」と決意。以前から誘いの声がかかっていた中京大へ進むことを決めた。

高校入学直後は120キロ中盤だった球速が3年間で20キロ近く伸びたのは、右肩周りの柔軟性を高めたから。入学してすぐ、自宅近くの接骨院で、けが防止のために肩を柔らかくした方がいい、とアドバイスを受けた。以降は毎日20分を肩のストレッチに費やし、可動域を広げてスムーズな投球動作を実現。結果的に球速アップにもつながった。

中京大の新入部員には最速147キロを誇る右腕・初祖晋太郎(中京大中京)など有望選手も多い。「誰にも負けたくない。早く監督の信頼を勝ち取って試合で活躍したい」。数多くのライバルより先に先発マウンドの座を狙う。




浅野君のピッチング動画はこちら

浅野君のスカウト評はこちら


draftkaigi at 12:41│ 大学 
ドラフトニュース検索