ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
指名予想
ホームに
もどる

あのドラフト選手は今、中谷仁(ドラフト1位)

2017年03月18日

3/18、スポーツ報知5面より

1997阪神ドラフト1位 中谷仁
智弁和歌山高・捕手・18歳

元巨人捕手の中谷仁氏(1997阪神1位)が、4月に母校・智弁和歌山のコーチに就任することが17日、分かった。名将・高嶋仁監督をサポートし、名門復活に尽力する。

春夏通じて3度の全国制覇を誇る智弁和歌山だが、2011年夏(3回戦敗退)から甲子園で白星がなく、15年夏を最後に甲子園から遠ざかっている。

学校や高嶋監督から指導を要請された中谷氏は「どれだけ力になれるかは分からないけど、恩師の高嶋先生の手助けができるのは幸せなこと。また一緒に甲子園で優勝して、高嶋先生を胴上げしたい」とコーチ就任を決めた。

中谷氏は主将を務めた1997年夏の甲子園で優勝し、同年のドラフト1位で阪神入団。99年に左目を負傷し、一時は選手生命の危機に立たされたが、2002年に1軍昇格。楽天時代の09年後半は、野村監督にリードなどを評価されて正捕手として起用された。

12年は巨人でプレーして現役引退。14年に、学生野球を指導するために必要な「学生野球資格」を取得。野球解説や阪神のジュニアコーチなどを務め、今年1月からは臨時コーチとして母校で指導している。

歴代1位の甲子園春夏通算63勝を挙げている高嶋監督は、15年に一度は勇退を表明。学校側の慰留を受けて続投し、熱心な指導を続けているが、5月には71歳となる。近い将来の継承を見据えて、中谷氏に帝王学を授けていくことになりそうだ。




下は1997ドラフトで阪神が指名した選手です。中谷仁は1位指名され入団。プロでの成績はこちら


阪神の1997ドラフト指名選手
1位中谷 仁智弁和歌山高捕手
2位井川 慶水戸商高投手
3位橋本 大祐富士大投手
4位坪井 智哉東芝外野手
5位山岡 洋之東北福祉大投手
6位奥村 武博土岐商高投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 08:00│ あのドラフト選手は今・・・ 
ドラフトニュース検索