ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
指名予想
ホームに
もどる

古賀悠斗(福岡大大濠)、強肩好リードでスカウト注目

2017年03月18日

3/18、日刊スポーツ7面「野球の国から」より

古賀 悠斗 (福岡大大濠高・捕手)
174cm・右投右打・動画

今センバツ、シンデレラ捕手から目が離せない。昨年秋の九州王者、福岡大大濠の攻守の要、古賀悠斗捕手(動画)は、わずか3ヶ月という捕手歴ながら、エース・三浦銀二投手を好リード。強肩、強打ぶりを明治神宮大会で見せプロのスカウトをくぎ付けにした。打倒・早実を胸にセンバツに乗り込む。やさしい眼差しとは裏腹の闘志をみなぎらせる。

わずか3ヶ月のスピード出世だった。昨秋の明治神宮大会準々決勝。古賀は、明徳義塾戦で本塁打を放った。かねて打撃は評価されていた。だが、驚くのは肩、インサイドワークとも、スカウトから「プロの対象の選手です」と評されることだ。夏までは三塁手で、新チームから肩の強さを買われて捕手にコンバートされた。経験は浅いが、早くも能力を発揮している。

勉強材料にしたのは、1学年上の先輩で、阪神からドラフト4位で指名された浜地真澄投手の投球だった。「浜地さんも打者との駆け引きで打ち取るタイプ。その配球を勉強させてもらい、実戦でどんどん使った」。浜地とバッテリーを組んでいた松本さんから助言をもらい、実戦で試した。

エース三浦を好リードした九州大会では3試合連続完封の快挙を導いた。「いい打者には初球の入り方を気にする。どんな素振りをして打席に入ってくるのか。打ったファウルの方向で次の球も考える」。考え、実践することでリードの哲学を養った。(以下略)




古賀君のスローイング動画はこちら

古賀君のスカウト評はこちら

draftkaigi at 11:05│ 高校 
ドラフトニュース検索