ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
指名予想
ホームに
もどる

スポーツ報知厳選、2017センバツのプロ注目球児

2017年03月19日

3/19、スポーツ報知6面「プロスカウト注目球児たち」より
ドラフトに向けた今大会最大の目玉は、早実の怪物・清宮(動画)だ。巨人・岡崎スカウト部長は「今年の中ではトップクラス。清原、松井は10年に1人といわれた。それくらいの逸材」と絶賛。阪神、ソフトバンクなども1位候補として高校通算79発の大砲を密着マークする。

同じ左のスラッガーでは、同49発の履正社・安田(動画)も上位候補。日本ハム・大渕スカウト部長は「飛距離なら安田の方が上」とうなる。193センチの日大三・金成(動画)は将来的な期待値が高い。

捕手では、神戸国際大付・猪田(動画)福岡大大濠・古賀(動画)が挙がる。昨秋に猪田は外野から、古賀は遊撃から転向。スカウト陣は「打てる捕手は希少価値が高い」と熱い視線を送る。

遊撃の智弁学園・太田(動画)宇部鴻城・嶋谷(動画)、外野では明徳義塾・西浦(動画)が走攻守のバランスに優れる。

センバツでは珍しく「打高投低」の傾向だが、左腕では仙台育英・長谷川(動画)日大三・桜井(動画)静岡・池谷(動画)、右腕では東海大市原望洋・金久保(動画)履正社・竹田(動画)熊本工・山口(動画)福岡大大濠・三浦(動画)らに注目が集まる。

大阪桐蔭で投打の軸を担う根尾(動画)1番・藤原(動画)190センチ左腕・横川に、早実の4番・野村(動画)ら2年生の甲子園デビューからも目が離せない。



2017高校生のドラフト候補一覧はこちら



draftkaigi at 07:30│ 甲子園大会展望 
ドラフトニュース検索