ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
全指名選手
12球団の
情報まとめ
ホームに
もどる

根尾昂(大阪桐蔭)、中日・巨人が高評価

2017年03月26日

3/26、日刊スポーツ3面より 

根尾 昂 (大阪桐蔭高・遊撃手兼投手)
177cm・右投左打・動画

最強復活の予感が漂う。大阪桐蔭「ミレニアム世代」が、甲子園にデビューした。2000年(平12)生まれの新2年5人がスタメンに名前を連ねた打線。

1番・藤原の左中間二塁打で、初回5点の猛攻は幕を開けた。5番・根尾(動画)が2点適時打で続いた。5回には3番・中川が二塁ゴロで10点目を奪い、9回は3番手投手の柿木がチーム最速143キロ速球で締めた。

そしてチームの世代1号は、6番・山田だった。4回2死二塁。弾丸ライナーが左翼スタンドへ一直線に伸びた。「素直にうれしい。3月のオープン戦は調子がよかったので」という言葉を証明する年明け5本目の高校8号。元4番の成長のアーチだった。

14年センバツ4強の豊川(愛知)の左翼手だった兄・大地さんを見て、甲子園の活躍に憧れた。同年夏全国制覇の大阪桐蔭に進み、昨秋近畿大会1回戦は同学年でも最速で4番に座った。だが重責に技術がついていかず、無安打。出場機会を失った。

復活をかけたこの冬。右手をかぶせてバットのヘッドを立てるフォームで「強い球に負けない打ち方を身につけ、タイミングの取り方も変えました」。強打者がよみがえった。

さらにプロの目をくぎ付けにしたのが根尾だ。「瞬発力があるしバネがすごい」と中日・中田スカウト部長が声を上げ、巨人・岡崎スカウト部長は「ポテンシャルが高いね」。

古川中時代は山田と中日本選抜で中軸を組み世界大会に出場したが、アルペンスキー回転でも全国制覇し世界大会を経験した異次元の「二刀流」。1安打2打点の結果、4回に中飛ながらバックスクリーンぎりぎりまで飛ばした打力、遊撃と中堅を守りきった守備力で才能を証明しても「まだ結果を残せていない。みんながライバル」と表情を引き締める。

試合前、福井主将から「2年はどんどん行けよ」と背中を押された。先発の2年全員で健闘を誓い、ベンチ裏で拳を当て合った。ミレニアム世代で6打点。来夏、100回大会に向けて、甲子園の主役に躍り出た。

(3月25日 センバツ高校野球大会 大阪桐蔭 11―0 宇部鴻城)



根尾君のバッティング動画はこちら


下は高校生・野手の主なドラフト候補です。

2017高校生のドラフト候補 <捕手>
篠原翔太(報徳学園) スカウト評
古賀悠斗(福岡大大濠) スカウト評
村上宗隆(九州学院) スカウト評
2017高校生のドラフト候補 <内野手>
峯村貴希(木更津総合) スカウト評
清宮幸太郎(早稲田実) スカウト評
綱島龍生(糸魚川白嶺) スカウト評
安田尚憲(履正社) スカウト評
太田英毅(智弁学園) スカウト評
嶋谷将平(宇部鴻城) スカウト評
2017高校生のドラフト候補 <外野手>
西川愛也(花咲徳栄) スカウト評
増田珠(横浜) スカウト評
岡田悠希(龍谷大平安) スカウト評


draftkaigi at 08:35│ 巨人 | 中日
ドラフトニュース検索