ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
指名予想
ホームに
もどる

日刊スポーツのドラフト候補総括(2017選抜)

2017年03月26日

3/26、日刊スポーツ2面「小関順二氏、初戦を総括」より
「打高投低」の前評判通り野手の活躍が目立ったが、福岡大大濠・三浦銀二(動画)秀岳館・川端健斗(動画)日大三・桜井周斗(動画)の各投手はドラフト候補の名に恥じない投球を見せた。

三浦はフォームに悪いところが見当たらず、ストレートにも一定の速さがあり、今大会ナンバー1投手と言っていい。川端、桜井は左腕のオーバースローという共通点があり、ストレートは最速146キロの川端に対して桜井は142キロと劣るが、履正社の誇る3番・安田尚憲、4番・若林将平から計7個の三振を奪い注目を集めた。

野手では履正社の安田(動画)早実の清宮幸太郎(動画)が注目度ナンバー1。

安田は初戦の日大三戦、桜井からフェンス直撃の二塁打を放ち、清宮は明徳義塾戦で第1打席、圧倒的なヘッドスピードでセンター前に運び、ともに超高校級の片りんを見せた。現在プロ野球で最も需要があるのは本塁打を打てる強打者。清宮は中田翔(日ハム)以来の超高校級と言っていい。

報徳学園の2年生、小園海斗(動画)は多治見戦で本塁打と三塁打を放ち、三塁打のときの三塁到達タイムが11秒前半という圧倒的な速さでセンスのよさをアピールした。

(ベースボールライター)

draftkaigi at 09:03│ 高校 
ドラフトニュース検索