ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
全指名選手
12球団の
情報まとめ
ホームに
もどる

桜井周斗(日大三)、阪神スカウトが追う!

2017年03月28日

3/28、デイリースポーツ7面「虎が追う」より

桜井 周斗 (日大三高・投手)
177cm・左投左打・動画

たとえ粗削りでも、誰にも負けない武器があればいい。次々と空を切る強打者のバットが、桜井(動画)の実力を証明していた。『三振が取れる投手』というフレーズは、ドラフト候補として魅力的な響きを持つ。

19日に行われたセンバツ1回戦の履正社戦。宝刀スライダーがさえわたった。ドラ1候補の主砲・安田は3打席連続三振。続くプロ注目の4番・若林は4打席連続三振。研究していたにもかかわらず、強力打線を誇る優勝候補の主軸2人が、終盤まで手も足も出なかった。

昨秋東京大会決勝では、早実・清宮から5打席連続三振を奪ったスライダー。安田は「高校でやってきて一番すごかった。想像より2倍はキレていた。清宮選手が5三振する気持ちがわかった」と脱帽した。

いわゆる特殊球の存在は大きい。日大三、履正社をともに担当する阪神・畑山チーフスカウトは「絶対的な決め球を持っている。注目されている安田君、若林君から空振りを取ったように、右でも左でも空振りを取れる決め球」と評価する。他球団のスカウトからも「高校生レベルで打てるスライダーじゃない」という声が上がった。

桜井のスライダーは、なぜ空振りが取れるのか。途中までは直球とほぼ同じ軌道で、打者のより近くで鋭く変化している点が、他の高校生投手とは一線を画す。腕の振りも直球と変わらない。球速も130キロ近く出ており、打者は思わず手を出してしまう。

習得の参考にしたのは則本(楽天)。ボールをつぶすように握るようにしたところ、キレが見違えるように変わった。昨秋は44回2/3で58奪三振。中学時代も投手を務めていたが、肘を痛めて中2冬から野手に専念していた。昨夏前に本格的に投手を再開してからの成長はめざましい。

履正社戦の際、畑山チーフスカウトは「制球力が気になっていた。終盤にそれが出たね」と課題に言及。一方で「そこが夏までにしっかりすれば面白い」と期待を込めた。

桜井も「スライダーは早実にも履正社にも通用した。自信を持っている」としつつ「根本的に体力が足りない。しっかりやりたい」と、制球力の低下につながった弱点の克服に目を向けた。

松井裕樹(楽天)、堀瑞輝(日本ハム)らのように、絶対的なスライダーを持つ左腕なら、高校生でも高評価の対象となる。最速144キロの球速もまだ上がるはず。ここから数ヶ月の伸びしろで、桜井は上位候補となる資質を十分に備えている。



桜井君のスカウト評はこちら


下は高校生・投手の主なドラフト候補です。

2017高校生のドラフト候補 <投手>
古屋敷匠真(八戸工大一) スカウト評
佐藤隼輔(仙台) スカウト評
石川翔(青藍泰斗) スカウト評
金久保優斗(東海大市原望洋) スカウト評
布川雄大(武南) スカウト評
清水達也(花咲徳栄) スカウト評
桜井周斗(日大三) スカウト評
金成麗生(日大三) スカウト評
本田仁海(星槎国際湘南) スカウト評
田中瑛斗(柳ヶ浦) スカウト評
山口翔(熊本工) スカウト評
川端健斗(秀岳館) スカウト評
平良海馬(八重山商工) スカウト評


draftkaigi at 10:13│ 阪神 
ドラフトニュース検索