ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
指名予想
ホームに
もどる

清宮幸太郎(早実)、メジャースカウトがぞっこん

2017年04月04日

4/4、夕刊フジ28面より

清宮 幸太郎 (早稲田実・一塁手)
184cm・右投左打・動画

センバツは2回戦で敗退した早実の清宮幸太郎内野手(動画)だが、5日に神宮第二球場で行われる春季東京大会の2回戦・中大付戦に出場。夏の西東京大会のシード権獲得を目指す。

注目のスラッガーの伸びしろに米大リーグ関係者がゾッコンだ。「試合は視察するし追いかけます。センバツでの成長ぶりがすごかった」と、某米球団スカウトは強調する。

センバツでは2試合で3安打、本塁打ゼロ。物足りない内容だったが、同スカウトは「スイングはコンパクトになって余計な動きがない。内角球に対応できて打球が強い。昨秋の都大会や神宮大会と比べて格段の差。ひと冬越しただけであの成長はすごい」と絶賛する。

心をつかまれたのは東海大福岡戦での通天閣打球。高く上がった打球を見失った右翼手と中堅手の間に落ち三塁打となったが、「あんな打球見たことない。メジャーの投手は馬力があって、日本人打者は苦戦しているけど彼のスイングなら負けない。アッパー気味だけど球の下に入れば長打を量産できる」とホレ込んでいる。

課題の守備も「一塁か外野になりそうだが、伸びしろを考えればバットだけで太平洋を渡る力がある」。清宮は今秋ドラフトの目玉候補の1人だが、早大進学の可能性がある。国内球団が様子見するスキをついて、メジャーがさらう、なんてことになったりして。




清宮君のバッティング動画はこちら

清宮君のスカウト評はこちら


draftkaigi at 07:07│ 高校 
ドラフトニュース検索