ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
指名予想
2017ドラフト
情報まとめ
ホームに
もどる

中日ドラ1・柳裕也、2軍で故障後初のフリー打撃登板

2017年04月04日

4/4、中日スポーツ2面より

2016中日ドラフト1位 柳裕也
明治大・投手・動画

右肘炎症からの復帰を目指す中日のドラフト1位、柳裕也投手(動画)が3日、ナゴヤ球場で故障後初めてフリー打撃に登板した。打者2人に直球のみ計47球を投げ球質、制球とも上々。順調なら15日前後にシート打撃に登板し、4月下旬の実戦復帰を見据える。

打者と向き合うのは、右肘の張りを訴えた3月2日の日本ハムとのオープン戦以来。森野と野本に対し「テンポ良く、ストライクに入れることを意識しました」。32スイングで安打性の当たりは6本。「投げた感覚は良かった。上向きです」とうなずいた。

2軍の高山投手コーチも「8、9割の力で投げられたんじゃないかな。球の回転も良かった」と評価。今後は打撃投手をもう一度務め、2軍戦のない14~16日にシート打撃への登板を予定する。「あくまで順調なら」と首脳陣も柳自身も前置きするが、4月下旬のウエスタン・リーグ登板を視界にとらえた。

リハビリの日々で痛感したのは自己管理の大切さ。「体が一番。もっとケガに敏感にならないといけない」と胸に刻む。別メニュー調整で時間にゆとりがある中、筋力トレーニングや走り込みを強化。「すぐには効果は出ないと思いますが、しっかりとした土台をつくっておきたい」とただでは転ばない。

気が付けばシーズンが開幕。同じ明大からプロ入りしたヤクルト2位・星とDeNA9位・佐野の1軍での奮闘もチェック済みで「めっちゃ気になります」。悔しさは言うまでもない。だが、焦りではなく原動力に変え「まずは2軍で結果を残さないと」。ひたむきに、着実に、後れを取り戻していく。




下は2016ドラフトで中日が指名した選手です。1位・柳君のスカウト評はこちら

中日の2016ドラフト指名選手
1位 柳 裕也 明治大 投手
2位 京田 陽太 日本大 内野手
3位 石垣 雅海 酒田南高 内野手
4位 笠原 祥太郎 新潟医療福祉大 投手
5位 藤嶋 健人 東邦高 投手
6位 丸山 泰資 東海大 投手
育1 木下 雄介 四国IL・徳島 投手


draftkaigi at 08:41│ 中日 
ドラフトニュース検索