ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
指名予想
ホームに
もどる

サニブラウンに勝った五十幡亮汰(中大)がデビュー

2017年04月05日

4/5、日刊スポーツ7面より

五十幡 亮汰 (中央大・外野手)
173cm・右投左打・動画

開幕戦で、昨季5位の中大が、連覇を狙う日大を下した。サニブラウンに勝った男・五十幡亮汰外野手が9番・中堅でデビュー。大学での初打席で、内野安打をもぎとり、追加点へつなげた。

五十幡らしい、大学第1歩だった。2回の初打席。左打席から放った打球が、三塁方向へ大きくバウンドした。三塁手の懸命な送球より五十幡の足が勝った。スカウトの計測で一塁到達は3秒77。一般的に、4秒を切ればプロでもトップクラスだ。

「どんな形でもヒットが出たのはいい出だしです」と、50メートル走で5秒6の快足を生かしたデビューを飾った。

中学3年時の13年全日本中学校陸上競技選手権大会に出場し、サニブラウン・ハキームを退けて100メートル、200メートルで2冠を達成。高校から野球一本に絞った。過去最高で一塁到達は3.6秒台を計測したこともあるという。「打撃も守備も足を生かした選手になりたい」とプロを目指す上で、伸び代は十分だ。

今季から指揮官へ復帰した清水達也監督は「五十幡にはいろんな経験をさせたい。チームとしてはしっかり守れて、先に点を取られなかったことが大きい」と振り返った。5季ぶりの開幕白星発進で勢いづく。

(4月4日 東都大学野球 中央大 6―0 日本大)




中大野球部のスポーツ推薦合格者はこちら

draftkaigi at 07:22│ 大学 
ドラフトニュース検索