ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
指名予想
ホームに
もどる

清宮幸太郎(早実)、長期スランプにスカウト心配

2017年04月07日

4/7、夕刊フジ30面より

清宮 幸太郎 (早稲田実・一塁手)
184cm・右投左打・動画

「そんなに調子はよくないですが、あのー・・・。よくないです」。何ともすっきりしない表情で、すっきりしないコメントを残したのはプロ注目のスラッガー、早実・清宮幸太郎内野手(動画)。選抜大会後、初の公式戦となった5日の春季東京都大会2回戦・中大付戦に、チームは8―2で勝ったが、自身は5打数1安打1四球。

3番・一塁で先発し、1回1死三塁の先制機にピッチャー返しの強襲内野安打を放ったが、走者はくぎ付けで生還できず。これが唯一の見せ場だった。その後は二塁手が外野の前まで下がり、遊撃が二塁ベースうしろを守る中大付の大胆な清宮シフトの前に凡退の連続だった。

中大付は昨夏の西東京大会で初戦負け、秋の都大会も予選ブロック1回戦で敗退。先発の足立岳投手が「自分たちが東京で一番弱いと自覚して戦った」と話すように強豪校とは言い難い。それでも清宮は相手の投手陣をとらえきれず「なかなか状態が上がらない。センバツからそうですね」と首をひねりっぱなしだ。

センバツでは2試合で9打数3安打だが、2回戦で高く上がった飛球を外野がお見合いして落としたラッキーな三塁打も含まれる。

あるセ・リーグ球団スカウトは「ここまで不調の期間が続くのは初めて。心配なのは、プロに行くのはまだ早いんじゃないかと自分の能力に疑問を持ち始めることですね」と初の長期スランプが進路の決断に影響するのではないかと気をもんでいる。





清宮君のバッティング動画はこちら

清宮君のスカウト評はこちら


draftkaigi at 07:12│ 高校 
ドラフトニュース検索