ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
全指名選手
12球団の
情報まとめ
ホームに
もどる

清宮幸太郎(早実)、西武スカウトがシフトにビックリ

2017年04月08日

4/8、日刊スポーツ6面より

清宮 幸太郎 (早稲田実・一塁手)
184cm・右投左打・動画

早実・清宮(動画)の目に、異様な光景が映った。1回、打席に向かうと、岩倉の中堅・森本が二塁ベース付近にダッシュ。引っ張り警戒で全内野手が、時計回りでポジションを右に移すのが見えた。遊撃手と二塁手の間で森本が腰を落とした。内野5人、外野は右中間と左中間の2人で構成する清宮シフトだった。

試合後、報道陣から「意識したか?」と聞かれ、打撃不調で硬かった表情が崩れた。

▼清宮
「いやいや・・・。まぁ、面白かったですけど」

打球が飛んだ位置を見れば、清宮シフトの影響はなかった。全5打席ともにシフトを敷かれたが、仮に定位置でも打球処理は可能な場所だった。清宮自身も戸惑いはなく、「気にしなかったです。(試合前の)シートノックから5人いたんで、自分の時はそうなるのかなと思った」とサラリ。唯一、気になったのは「センター前に抜けたら、どうするのかな」だった。

岩倉・豊田浩之監督は「清宮君の打球はきれいに上がる。(外野2人でも)追いかければ、最後に追いつけるかなと。内野の間は防ごうと思った」と説明。

厳しいコースを攻められながらも、2安打をマークした。視察した西武・鈴木葉留彦球団本部長は「昔(全野手がポジションを右寄りに変える)王さんシフトというのがあったけどね。これもすごいね。ビックリした」と目を丸くした。

これでチームはベスト16に進出した。本調子にはまだ遠く、あと1本に迫る高校通算80号は次戦に持ち越された。和泉監督は「練習では問題ない。センバツから気持ちが張り詰めているから、精神的な問題だと思う」とフォローした。

清宮も「自分が打てない分、下級生が頑張ってくれた」と後輩の活躍をたたえつつ、次戦での自身の活躍を強く誓った。

(4月7日 春季高校野球東京大会 早稲田実 9―4 岩倉)



清宮君のスカウト評はこちら



下は高校生・野手の主なドラフト候補です。

2017高校生のドラフト候補 <捕手>
篠原翔太(報徳学園) スカウト評
古賀悠斗(福岡大大濠) スカウト評
村上宗隆(九州学院) スカウト評
2017高校生のドラフト候補 <内野手>
峯村貴希(木更津総合) スカウト評
清宮幸太郎(早稲田実) スカウト評
綱島龍生(糸魚川白嶺) スカウト評
安田尚憲(履正社) スカウト評
太田英毅(智弁学園) スカウト評
嶋谷将平(宇部鴻城) スカウト評
2017高校生のドラフト候補 <外野手>
西川愛也(花咲徳栄) スカウト評
増田珠(横浜) スカウト評
岡田悠希(龍谷大平安) スカウト評


draftkaigi at 07:50│ 西武 
ドラフトニュース検索