ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
指名予想
ホームに
もどる

清宮幸太郎(早実)故障か? スカウトら指摘

2017年04月09日

4/9、夕刊フジ30面より

清宮 幸太郎 (早稲田実・一塁手)
184cm・右投左打・動画

打撃不振に悩む早実のプロ注目スラッガー、清宮幸太郎内野手(動画)故障疑惑が浮上した。7日の春季東京都大会3回戦・岩倉高戦もノーアーチ。チームは9―4で打ち勝ったが、あと1本に迫っている高校通算80本塁打はお預けとなった。

「あんまりよくない・・・。はい、よくないです」。苦笑を浮かべながら自身の打撃を振り返る姿は5日の今大会初戦と同じだ。

2―2と同点に追いついて迎えた1回の第1打席は投ゴロ。3回の第2打席は打った瞬間うなだれる三飛。続く4回の第3打席もやはり打球は右翼フェンス手前で失速。スタンドに詰めかけたファンに豪快な一発どころか、首をひねりながらダッグアウトへ戻る姿しか見せられていない。

2安打を放ったものの、1本は一塁手が弾いたもの。二塁打は強風で左翼が目測を誤る幸運に助けられた。

相手の岩倉は清宮の打席で内野に5人を並べ、外野は右中間と左中間の2人という異例のシフトを敷いた。同校の豊田浩之監督は「効果があったかどうかは何とも言えませんが、外野の人数を数えてもらって少しでも意識して打撃が変わってくれたらいいという考え」と大胆な策の狙いを説明した。

だが、豊田監督は「それよりも清宮君の状態が悪い。試合前のキャッチボールからちゃんと投げられていない。右肩か腰が痛いのかもしれない」と続け、故障の可能性を指摘した。

清宮は中学時代に右肩の故障で投手を断念。昨春の大会ではいったん中堅にコンバートされたが、やはり右肩痛で一塁に戻った経緯がある。古傷が肝心の打撃に影響を及ぼしているのか。ネット裏で視察したスカウトは「そこまでの重傷ではないと思うが・・・」と言いながら表情を曇らせた。

次戦は9日の共栄学園戦。悩める怪物に光明は差すだろうか。 




清宮君のバッティング動画はこちら

清宮君のスカウト評はこちら


draftkaigi at 07:01│ 高校 
ドラフトニュース検索