ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
全指名選手
12球団の
情報まとめ
ホームに
もどる

宮台康平(東大)、巨人・日ハムなど「12人に入る」

2017年04月09日

4/9、スポーツ報知4面より

宮台 康平 (東京大・投手)
178cm・左投左打・動画

今秋のドラフト候補で、東大の最速150キロ左腕・宮台康平投手(動画)が、明大との開幕戦で先発。日米14球団39人のスカウトが視察する中、4回2/3を4安打、7四死球、5失点と制球難で自滅して敗れたが、この日は最速146キロをマーク。昨秋の左肩痛から完全復活へ光が差し込んだ。

突如、崩れた。両チーム無得点の5回だ。宮台はわずか3球で2死を取った後、まさかの4連続四死球。先取点を献上すると、2連打でさらに4失点。「自滅なので申し訳ない」。左腕は悔しさを押し殺した。

敗れはしたが、ドラフト1位候補の片りんは見せた。視察した巨人・鹿取GM特別補佐は「いいボールもあった。これから状態も上がってくるのでは」。日本ハム・山田スカウト顧問は「(ドラフト1位の)12人に入ってくる」。アストロズ・大慈弥スカウトは「左腕では素材としてナンバーワン」と評価。今後の活躍に期待している。

徹底したリハビリを経て、神宮のマウンドに戻ってきた。昨秋リーグ戦後に左肩腱板の炎症と診断された。浜田一志監督や専門医らと「宮台復活委員会」を結成。無料通話アプリ「LINE」で日々の球数や、テイクバックを修正した投球フォームの動画を共有。多角的な視点で、万全のサポート態勢を敷いた。

自身との戦いでもあった。専門医のアドバイス通り、肩を休ませずに強度を落として投げ続けることで、負担を減らしたフォームを体に染みこませた。「最初は戸惑いもあったけど信じてやるしかない。結果を出して、やってきたことが正しかったと証明したい」。150キロ左腕の称号を捨てニュー宮台として開幕戦に合わせてきた。

1勝1敗に持ち込むため、9日にはリーグ戦自身初の連投も見据える。「負けたら終わり。球数も88球と多くないし、リベンジしたい」。東大の誇るエースは力強く言い切った。

(4月8日 東京六大学野球 明治大 6―2 東京大)



宮台君のスカウト評はこちら



下は大学生・投手の主なドラフト候補です。

2017大学生のドラフト候補 <投手>
馬場皐輔(仙台大) スカウト評
宮川哲(上武大) スカウト評
斉藤大将(明治大) スカウト評
宮台康平(東京大) スカウト評
高橋遥人(亜細亜大) スカウト評
鍬原拓也(中央大) スカウト評
椎野新(国士舘大) スカウト評
渡辺佑樹(横浜商科大) スカウト評
平岡敬人(中部学院大) スカウト評
浜口雄大(岐阜経済大) スカウト評
与座海人(岐阜経済大) スカウト評
東克樹(立命館大) スカウト評
岡田和馬(近畿大) スカウト評
近藤弘樹(岡山商科大) スカウト評
小久保気(四国学院大) スカウト評
草場亮太(九州産業大) スカウト評


draftkaigi at 07:23│ 巨人 | 日本ハム
ドラフトニュース検索