ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
指名予想
ホームに
もどる

巨人、早実・清宮対策でポスティング容認のウワサ

2017年04月10日

週刊実話 4月13日号より (source)

清宮 幸太郎 (早稲田実・一塁手)
184cm・右投左打・動画

3月26日、プロ野球全球団は、オープン戦の全日程を終えた。その結果、ある球団と他球団との実力差が明らかになり、動揺が走った。その勝敗表を見てみると、首位千葉ロッテを筆頭に、上位6チームのうち5チームがパ球団。

逆に、ドン尻から4チームはセ球団。オープン戦終盤で6連敗を喫した巨人は、5勝14敗でダントツの最下位に終わっている。

巨人は24日、シーズン前恒例の激励会を開き、渡辺恒雄・読売新聞グループ本社代表取締役主筆も当然、この話題に触れた。「(オープン戦は)わざと負けたんじゃないか。由伸君も計算ずくで。開幕以後、連勝街道を走ってくれると期待したい」

監督1年目の昨シーズンは、野球賭博事件発覚の影響を受けたこともあり、主筆もV逸には寛容だった。そこで、オフには空前の30億円補強を敢行。もう待ったなしで、優勝を逃せば解任もある。やんわりと圧力をかけたのだろう。他球団を圧する戦力を持ちながら、結果を残せないのは、チームの士気に原因があるというのが球団首脳の一致した見解だ。

もっとも、同情すべき面もある。巨大補強した結果、新戦力を優先起用する必要が生じたため、二軍に豪華メンバーが集結してしまったのだ。野手陣では4番ギャレットをはじめ、松本哲也、亀井善行、脇谷亮太、片岡治大。投手も杉内俊哉、高木勇人、桜井俊貴と本来の一軍メンバーが追いやられた。

「ベテラン、新戦力、若手の力を融合して化学反応させ、1年を戦っていく。新たな収穫と課題をシーズンに生かしたい」

このように話していた高橋監督だが、その化学反応の触媒として期待しているのが、今ドラフトの超目玉、早稲田実業の清宮幸太郎(動画)だ。この若武者の獲得に動くことで、12球団で唯一ポスティング移籍を認めてこなかった方針を転換、チームの士気を高めようとしているという。

「今回のWBCで分かったのは、選手たちのメジャーへの憧憬です。清宮も、1年でも早い渡米を思い描く1人。これまでは早大進学が既定路線で、大学側も入学を織り込み済みで、入学1年目から4番で抜擢する構想を描いていました。ところが、清宮のメジャー志向が高まったことで、“高卒即ドラフト”の可能性が急浮上しているのです」(スポーツ紙デスク)

NPBの野球規則では、海外FA資格を得るには実働9シーズンを有する、とある。大学経由だと、FAできるのは最短でも31歳。ダルビッシュ有や前田健太のようにポスティング移籍の抜け道もあるにはあるが、巨人は認めていなかった。

「このままでは、清宮の選択肢は『早大進学、もしくは巨人以外の11球団』になりかねません。そこで高橋監督は、巨人にポスティング移籍容認に舵を切らせることで清宮指名に踏み切り、合わせて主力選手の発奮剤にしたいようです」(同)

名門球団までも歴史的大転換を迫られている。




清宮君のバッティング動画はこちら

清宮君のスカウト評はこちら


draftkaigi at 07:00│ 巨人 
ドラフトニュース検索