ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
指名予想
ホームに
もどる

高校野球の聖地・甲子園球場、スコアボードを一新へ

2017年04月11日

4/11、サンケイスポーツ4面より
阪神の本拠地で、高校球児の聖地でもある甲子園球場の大改造計画が10日、明らかになった。スタジアムの顔といえる、校舎をかたどったスコアボードを大幅リニューアルする。2018年のシーズン終了後に着工し、19年3月までに完成予定。10億円規模の一大計画は、既に所有する阪神電鉄の本社内で進行しているという。

誕生から93年。聖地が生まれ変わる。1993年に採用された三菱電機社製の「オーロラビジョン」は同年にスコアボードの右半分、97年には左側にも設置された。今回は左右に分かれているビジョンを合体。一つの巨大ビジョンが誕生する

世界最大規模のヤフオクドームでは5面、ナゴヤドームでも今年から3面のビジョンを合わせるなど、各球団の本拠地が続々とビジョンを改良している。伝統ある甲子園も負けていない。各種データなどが表示される米大リーグ仕様の演出も実現しそうだ。

19年春のセンバツでお披露目となる予定。18年夏に全国高校野球選手権100回記念大会が行われるが、101回目からは新・甲子園とともに、歴史が刻まれていく。聖地が100周年を前に大幅な進化を遂げる。



draftkaigi at 09:03│ 高校 
ドラフトニュース検索