ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
指名予想
ホームに
もどる

鍬原拓也(中央大)に巨人7人態勢、広島などの声

2017年04月13日

4/13、スポーツ報知8面より

鍬原 拓也 (中央大・投手)
176cm・右投右打・動画

完全に圧倒していた。中大のエース・鍬原(動画)は、最速151キロの直球に、緩急をつけた2種のシンカーで東洋大打線から奪三振を量産した。「7回の三振は全部シンカー。見た感じ、当たらないなと思って。最後も(捕手のサインに)首を振ってシンカーで」。開幕戦で初完封を挙げたばかりの右腕が、今季2勝目も完封で飾った。

課題の制球面も改善し、スカウト陣の評価も急上昇だ。7人態勢で視察した巨人・岡崎スカウト部長「今日は全ての球種が良かった。ピンチでも狙って三振が取れるメリハリがあった」と評価。日本ハム・大渕スカウト部長「まだ試行錯誤という感じだけど、相手を見ながら投げられていた。視野が広がった」

DeNA・吉田編成部長「独特なシンカーはいい。昔(元阪神・江本孟紀の)エモボールっていうのがあったけど、あれはクワボール」。広島・苑田スカウト統括部長「このままいけば則本(楽天)みたいになれる」と、賛辞が並んだ。

武器のシンカーは、サイドスローだった中学時代に習得した。握る深さを使い分けて緩急をつけ、ロッテ・石川、ソフトバンク・摂津ら、使い手の動画を参考にする。ピッチャープレートの一塁側を踏んで投げるのも、右打者の内角へのシンカーを生かすためだ。

プロ入りの夢をかなえることが、女手一つで育ててくれた母・佐代子さんへの恩返しだ。今季のグラブは、母の好きな紫色。内側には「親孝行」と刺しゅうを入れた。「経済的に難しいだろうけど、野球をやらせてくれた。プロ入りして楽をさせてあげたい」と笑顔を見せた。

(4月12日 東都大学野球 中央大 3―0 東洋大)




鍬原君のピッチング動画はこちら

鍬原君のスカウト評はこちら

draftkaigi at 07:40│ 巨人 | 広島
ドラフトニュース検索