ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
指名予想
ホームに
もどる

小又圭甫(国学院大)、DeNAが評価「面白い素材」

2017年04月15日

4/15、スポーツ報知4面より

小又 圭甫 (国学院大・投手)
182cm・右投右打・動画

国学院大が、専大に連勝し、勝ち点1を挙げた。リーグ戦初登板初先発のプロ注目右腕・小又圭甫が自己最速151キロをマークし、3回4安打、無失点で5三振を奪った。

度重なる故障を乗り越え、たどり着いた神宮のマウンドで、小又が思い切り右腕を振った。自己最速151キロ。「勝手に出た。投げられてホッとしています」。4安打、4四球で毎回三塁に進塁されたが、3回5K無失点に胸をなで下ろした。

千葉英和時代に最速147キロを誇ったが、高校2年冬のバスケットボールの授業で左手首を骨折。大学1年の10月に右肩の第1肋骨骨折で手術を受け、翌15年5月には右肘靱帯を痛め、再びメスを入れた。昨春にキャッチボールを再開。「2年半、球に触る練習をしていない。野球の楽しさを感じた」

食事と柔軟性を意識し、体重は高校3年時から12キロ増の84キロ。DeNA・欠端スカウトは「経験を積めば、面白い素材」と目を光らせた。進路は未定だが、「最終的にプロに行けたら」と小又。苦難をバネに、4年春から花を咲かせる。

(4月14日 東都大学野球 国学院大 5―1 専修大)




小又君のピッチング動画をお持ちの方、ユーチューブへアップお願いします。

draftkaigi at 08:22│ 横浜DeNA 
ドラフトニュース検索