ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
指名予想
2017ドラフト
情報まとめ
ホームに
もどる

宮台康平(東京大)、広島「フォームよくなってきた」

2017年04月18日

4/18、夕刊フジ終面より

宮台 康平 (東京大・投手)
178cm・左投左打・動画

さらに今年の神宮にはもう1人、スターが生まれつつある。東大の最速150キロ左腕、宮台康平投手(動画)だ。過去に東大からプロ野球に進んだのは新治(大洋)、井手(中日)、小林(ロッテ)、遠藤(日本ハム)、松家(横浜~日本ハム)の5投手。ドラフト制度導入前の新治を除いて、全員が3位以下の下位指名だった。

宮台は趣が異なる。すでに通算4勝を挙げ、昨年春は2完投(うち1完封)。夏には大学日本代表として日米大学選手権に登板し最速150キロを計測した。秋には左肩違和感で1試合1イニングの登板に終わったが、素材の良さは折り紙付きだ。今春リーグ戦初登板の8日・明大戦には、日米13球団計30人超のスカウトが詰めかけていた。

入学後初の連投もこなした。16日の慶大戦に先発し1回0/3、6失点(自責3)でKOされたが、翌17日の同カードの4回1死から4番手で登板。5回2/3を100球で最後まで投げ切り1失点(自責0)。最速は147キロをマークした。

「きのう(15日)何もできなかった。きょうは少しでもできることを増やそうと考えた。自分は不器用な投手。まずはいい真っすぐを投げることを考えて、少しはできたと思う」
と納得顔。

前出の広島・苑田部長は「去年の秋は肩の故障で投げたくても投げられなかったわけだから、この連投を自信にしてくれるといいよね。投げたくて仕方がないという感じで好感が持てるし、フォームもよくなってきている」と目を細めた。

学業でも法学部に在籍するエリートだが、昨年12月にプロ志望を口にした。プロ側にも現時点でハズレ1位か2位指名レベルと評価する声がある。秋に向けて、その進路にますます熱い視線が注がれるはずだ。東大の次戦は、高校野球春季都大会決勝の2日後にあたる29日の早大戦。今年はにわかに神宮が熱気を帯びている。



宮台君(東京大)のスカウト評はこちら



下は大学生・投手の主なドラフト候補です。

2017大学生のドラフト候補 <投手>
馬場皐輔(仙台大) スカウト評
宮川哲(上武大) スカウト評
斉藤大将(明治大) スカウト評
宮台康平(東京大) スカウト評
高橋遥人(亜細亜大) スカウト評
鍬原拓也(中央大) スカウト評
椎野新(国士舘大) スカウト評
渡辺佑樹(横浜商科大) スカウト評
平岡敬人(中部学院大) スカウト評
浜口雄大(岐阜経済大) スカウト評
与座海人(岐阜経済大) スカウト評
東克樹(立命館大) スカウト評
岡田和馬(近畿大) スカウト評
近藤弘樹(岡山商科大) スカウト評
小久保気(四国学院大) スカウト評
草場亮太(九州産業大) スカウト評

2017大学生のドラフト候補一覧はこちら
 


draftkaigi at 07:07│ 広島 
ドラフトニュース検索