ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
指名予想
2017ドラフト
情報まとめ
ホームに
もどる

田中誠也(立教大)に6球団、オリックス「テンポいい」

2017年04月18日

4/18、サンケイスポーツ5面より

田中 誠也 (立教大・投手)
171cm・左投左打・動画

3回戦1試合が行われ、立大が2―0で法大に勝ち、連勝で2勝1分けとして勝ち点1を挙げた。先発した左腕・田中誠也投手(動画)が1安打1四球ながら、併殺打と牽制球で走者を刺したことで、打者27人で抑える完璧な投球。リーグ戦初勝利を完封で飾った。

祝福される田中誠が、立大ナインの輪の中心で見えなくなった。1メートル71、63キロ。登録25選手中、小柄な方から番目の左腕が、1安打1四球で完封勝利。しかも法大を打者27人で料理した。

「(開幕カードの)1戦目を任せてもらったのに、ふがいなかった。(2回戦で完投勝ちの)同期の手塚に負けたくなかったし、開き直って、思い切り投げました」。決意の投球だったことを、照れながら振り返った。15日の1回戦は打線に2桁安打の援護を受けながら、5回5安打4失点で同点にされていた。

一回二死から小林に四球を出したものの、飛び出した一走を牽制で殺した。四回一死から斎藤卓に左前打を許したが、続く打者を遊ゴロ併殺打に打ち取った。他の7イニングは3人ずつで101球、1時間56分で終える快投だ。

最速140キロの直球とスライダー、チェンジアップを巧みに使い、奪三振は6で、ゴロアウトが15。緩急と、低めへの制球力のよさが際立った。

大阪桐蔭高2年時の2014年夏の甲子園3回戦で勝利。全国制覇に貢献した左腕を6球団が視察早大OBのオリックス・由田スカウトは「緩急をつけた投球とテンポのよさがいい。将来的に、ヤクルトの石川さんのようになるかもしれない」と、身長1メートル67の体でプロ通算153勝を挙げている左腕を重ねた。

過去東京六大学リーグ戦で無安打無得点は24人(完全試合3人含む)。大記録達成ではないが、溝口監督は「田中誠の完封は、まさかで、きのう(2回戦)の手塚の完投とうれしい誤算。投げて田中誠、打って(適時打の)笠松、峯本と大阪桐蔭デーですね」と喜びと驚きを隠さなかった。

立大は1999年秋以来優勝がない。2年生投手が、21世紀初優勝への牽引役となる。

(4月17日 東京六大学野球 立教大 2―0 法政大)



田中君のピッチング動画はこちら


下は大学生・投手の主なドラフト候補です。

2017大学生のドラフト候補 <投手>
馬場皐輔(仙台大) スカウト評
宮川哲(上武大) スカウト評
斉藤大将(明治大) スカウト評
宮台康平(東京大) スカウト評
高橋遥人(亜細亜大) スカウト評
鍬原拓也(中央大) スカウト評
椎野新(国士舘大) スカウト評
渡辺佑樹(横浜商科大) スカウト評
平岡敬人(中部学院大) スカウト評
浜口雄大(岐阜経済大) スカウト評
与座海人(岐阜経済大) スカウト評
東克樹(立命館大) スカウト評
岡田和馬(近畿大) スカウト評
近藤弘樹(岡山商科大) スカウト評
小久保気(四国学院大) スカウト評
草場亮太(九州産業大) スカウト評


draftkaigi at 07:06│ オリックス 
ドラフトニュース検索