ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
全指名選手
12球団の
情報まとめ
ホームに
もどる

中日ドラ1・柳裕也、2軍で3回無失点デビュー

2017年04月23日

4/23、中日スポーツ2面「ファーム竜情報」より

2016中日ドラフト1位 柳裕也
明治大・投手・動画

中日のドラフト1位ルーキー・柳裕也投手(動画)が22日、ウエスタン・リーグの広島戦でプロ入り初登板した。先発で3イニング、34球を投げて3安打、無失点と上々のデビュー。試合は二転三転する展開で、7回に育成・岩崎が逆転2点右中間二塁打を放ち、5―3で勝った。

23歳の誕生日と重なった柳のプロ初登板。先発で予定の3イニングを無失点に抑え、ほっとした表情を浮かべていた。「誕生日に投げるのは大学(明大)の時もなかった。とりあえずは点を取られなくて良かった」

3月初旬に右肘の炎症を訴え、やっと巡ってきた公式戦初マウンド。1回、2死から連打で一、二塁のピンチを背負ったが、1軍でも実績のある岩本を二ゴロに仕留めた。「肘は何の不安もなく投げられたけど」と言いながらも「けがをして初めてなので、入れ込まないようにテンポよく投げることに心掛けて投げました。点数としては70点かな」と投球を振り返った。

大学時代は150キロ近いスピードをマークしていた直球は、この日は138キロ止まり。しかし、プロに入ってからマスターした新球ツーシームも要所で使い、縦のカーブも効果的に決まった。2回1死一塁、磯村の打席で一塁走者のバティスタをけん制で刺し、投球以外の得意技も早速披露してみせた。

許した3本の安打については「みんな甘い球ばかりだったですね。真っすぐも変化球もまだまだだし、まずはストレートをしっかり投げられるように取り組んでいかないと」と課題を挙げた。

だが高山2軍投手コーチは「投げられただけいい。肘の状態が2、3日様子を見てからになるけど、これから真っすぐがきっちり投げられるようにしていくことだね」と見通しを口にした。

1軍の試合はテレビで観戦しているという。「京田が頑張っているしね」とドラフト同期入団選手の活躍をちょっぴりうらやましがりながらも、柳にはこの誕生日登板がいい出発点になったに違いない。

(4月22日 ウエスタン・リーグ 中日 5―3 広島)




下は2016ドラフトで中日が指名した選手です。1位・柳君のスカウト評はこちら

中日の2016ドラフト指名選手
1位 柳 裕也 明治大 投手
2位 京田 陽太 日本大 内野手
3位 石垣 雅海 酒田南高 内野手
4位 笠原 祥太郎 新潟医療福祉大 投手
5位 藤嶋 健人 東邦高 投手
6位 丸山 泰資 東海大 投手
育1 木下 雄介 四国IL・徳島 投手


draftkaigi at 08:10│ 中日 
ドラフトニュース検索