ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
指名予想
ホームに
もどる

金成麗生(日大三)、上位指名される可能性も

2017年04月27日

4/27、日刊ゲンダイ30面より

金成 麗生 (日大三高・一塁手)
193cm・左投左打・動画

清宮のライバルが意気込んでいる。日大三の4番、「デカプリオ」と呼ばれる金成麗生(動画)である。春季東京大会はここまで3本塁打と絶好調。帝京との準決勝は、高校通算23号となる先制2ランを含む3安打4打点。昨秋の都大会決勝で逆転サヨナラ負けを喫した早実との決戦に向けて腕を撫している。

本人は「清宮の方が上」と話す一方で、異常なほど対抗心を燃やし、「ぶっ潰す」とも言っている。

193センチ、101キロ。アメリカ人の父と日本人の母を持つ。昨夏までは左腕投手だった。小倉監督に長打力を買われ、昨秋から一塁にコンバートされた。清宮はプロ入りなら1位候補だが、金成はどうか。パ・リーグのあるスカウトはこう言った。

「センバツは1安打で内容もいまひとつ。体格を生かした爆発力、長打力が魅力。当たったら飛びますが、なかなか当たりません。打ち損じが多いですね。ほぼ完成形の清宮と比べて粗削り。清宮同様、守れるのが一塁だけという守備面もマイナスです。現時点では4位以下から育成。いずれにしても下位候補です。ただ、伸びシロが大きい高校生。これから夏にかけての成長次第で、上位候補に浮上する可能性は十分ある。清宮との対決は目立つだけに、格好のデモンストレーションにもなります」

問題はプロを目指す気持ちがどれくらい強いかではないか。別のスカウトが言う。

「最近の日大三高の選手は、大学進学が基本になっています。ただ、昨年のドラフトでは坂倉という捕手が、広島に4位で入団している。つまり本人の意向次第で、直接プロという選択肢が残されているということ。野球でメシを食っていきたい、野球を職業にして生きていくという気持ちがいかに強いかです。そこへいくと金成は、平気でぶっ潰すなんて言うし、闘争心をむき出しにするタイプですからね。明らかにプロ向きだし、実際、プロに行きたい気持ちも強いと聞いています」

高校生はただでさえ最終学年に急成長するケースが多いうえ、金成は伸びシロもデカい。成長を促す気持ちの強さも持ち合わせているだけに、秋に「上位指名」される可能性も十分ある。




金成君のバッティング動画はこちら

金成君のスカウト評はこちら

draftkaigi at 07:08│ 高校 
ドラフトニュース検索