ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
指名予想
ホームに
もどる

菊地大稀(佐渡)に8球団集結、楽天が高評価

2017年05月01日

5/1、日刊スポーツwebsiteより (source)

菊地 大稀 (佐渡高・投手)
185cm・右投左打・動画

佐渡島からプロ大注目の怪腕が現れた。佐渡・菊地大稀投手(3年)プロ8球団のスカウトの前で、自己最速を更新する143キロをマーク。7安打、5失点(自責2)ながら東京学館新潟から10三振を奪い、公式戦初完投を勝利で飾った。

一冬越えて成長した大器を見るため、ネット裏に8球団のスカウトが集結した。佐渡・菊地は「初回は100%で入れと言われている」と、自己最速を1キロ上回る143キロの直球を軸にスタートした。ところが2死二塁から、4番鈴木里希也捕手に2ボールから一本調子に投げた直球を1度は逆転被弾。

2回からは「打者を見て、力をセーブしながら」と7、8割程度に抑え、勝負球をスライダーに変えて三振の山を築いた。5回に3点を返されたが、2失策に野選と内野陣のミスが重なったもの。6回以降はイニング平均12球に抑え、「練習試合で完投はあるので、スタミナ的には心配なかった」と138球を投げ抜いた。

「ストレートは走っている感覚がなく、変化球でストライクと空振りを取れた」と自己採点は70点。宮木洋介監督は「完投させるつもりはなかったが、試合展開が不安定だったので、代える勇気がなかった」と、エースに最後まで任せた。

ネット裏には巨人、中日、阪神、楽天、日本ハム、ロッテ、西武、ソフトバンクのスカウトが陣取った。楽天は長島哲郎スカウト部長との2人態勢で視察し、携帯したスピードガンで143キロを確認。担当の山田潤スカウトは「楽しみな素材。伸びしろを感じる投手です」と評価した。

昨オフはウエートトレーニングで下半身と背筋を鍛え、一冬で体重は8キロ増の80キロ、身長も1センチ伸びて185センチに。「体の力強さを感じる。球に力が伝わるようになった」と最速も昨秋の137キロから、コンスタントに140キロを計測する。県ナンバー1クラスに躍り出た右腕から、目が離せなくなった。

(4月30日 新潟大会2回戦 佐渡 10―5 東京学館新潟)




菊地君のピッチング動画をお持ちの方、ユーチューブへアップお願いします。

draftkaigi at 13:18│ 楽天 
ドラフトニュース検索