ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 スカウト評価
2018指名予想 12球団情報まとめ 12球団ドラ1の傾向 2017ドラフトの結果 ホームに戻る

阪神の2017ドラフト補強ポイントチェック

2017年05月03日

週刊ベースボール5月15日号より
藤浪晋太郎世代に小野泰己などが入団し、20歳の望月惇志、高卒ルーキーの才木浩人や浜地真澄と有望株の右腕はそろう。

だが、22歳以下の将来を嘱望される左腕がいない。次の左腕先発を育てるためには、この層からの20代後半の左腕を脅かす存在が必要だ。今年のドラフトで高卒と即戦力の左腕を獲得できれば投手陣はバランスが取れる。

2年連続で大卒の即戦力野手を獲得しているが、将来を見据えて高卒の野手を獲得すればバランスの良い編成になる。甲子園でも馴染みの深い早実・清宮幸太郎(動画)が適任か。捕手も補強しておきたい。




今週の週刊ベースボールはドラフト特集号です。

阪神のドラフト1位指名選手の傾向はこちら



draftkaigi at 09:08│ 阪神 
ドラフトニュース検索