ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
指名予想
ホームに
もどる

中野翔哉(興国)、日ハム・中田に並ぶ1大会5本塁打

2017年05月05日

5/5、スポーツニッポン6面より

中野 翔哉 (興国高・三塁手)
177cm・右投右打・動画

中田翔(日本ハム)に似ているのは名前だけじゃない。興国の中野翔哉内野手(3年)が強烈な輝きを放った。春季大阪大会5回戦の上宮太子戦に4番・三塁で先発し、見せ場は1点を追う4回だった。真ん中高め直球を仕留めた打球は左翼フェンス直撃の三塁打。中田越えの大阪大会5試合連発に、あと数十センチ届かなかった。

今春に覚醒した超新星だ。1回戦の浪速戦で満塁弾とサヨナラ弾を放つと2回戦・桜塚戦では先制2ラン。3回戦の大冠戦で左越えソロ、4回戦・花園戦で左翼へ満塁弾をかっ飛ばした。大阪大会での4試合連発&1大会5本塁打は、06年夏の大阪桐蔭・中田(日ハム)に並ぶ偉業だ。中野は「甘い球を見逃さず、強く振る意識です」と胸を張った。

高校通算11本塁打は早実・清宮に遠く及ばない。中野本人も「全く意識しません」と頭をかいたが、1メートル77、93キロのどっしりとした体形は清宮に似たものがある。スタンドで声を張り上げた草島葉子理事長、田中英樹監督は「興国の清宮です」と声をそろえる。

33年センバツで甲子園初出場し68年夏に全国制覇した古豪も75年夏を最後に甲子園から遠ざかる。草島理事長は「興国のイメージは野球。野球部が強くならないと」と語気を強めた。

智弁和歌山で部長を務めた喜多隆志氏(2001ロッテ1巡目)が今春から部長を務め、元阪神投手の清原大貴氏(2007阪神4巡目)がスーパーバイザーを務めるなど環境は整った。42年ぶりの聖地へ。この日は上宮太子に惜敗したが、中野は「大阪桐蔭、履正社に勝ちたい」と夏をにらんだ。

(5月4日 大阪大会5回戦 上宮太子 3―1 興国)




中野君のバッティング動画をお持ちの方、ユーチューブへアップお願いします。

draftkaigi at 07:08│ 高校 
ドラフトニュース検索