ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
指名予想
ホームに
もどる

清宮幸太郎(早実)、90号&91号本塁打

2017年05月05日

5/5、日刊スポーツ1面より

清宮 幸太郎 (早稲田実・一塁手)
184cm・右投左打・動画

また打った! 早実・清宮幸太郎内野手(動画)が、史上1位とされる神港学園・山本大貴の107本超えを視野に入れた。4日、都内のグラウンドで秋田中央と練習試合に臨み、ダブルヘッダーの1試合目で高校通算90号の2ラン、91号のサヨナラ3ランを放った。

インパクトの瞬間、スタンドから感嘆の声が漏れた。2点ビハインドの9回2死一、三塁、打った清宮はゆっくりと走りだし、威風堂々とダイヤモンドを1周した。劇的なサヨナラ3ランに球場が騒然とする中、ホームベースを踏み、ゲームセットの礼をする列の先頭に加わった。

変則右腕の変化球を粉砕した。秋田中央のマウンドに立ったのは、昨秋に背番号1をつけた鈴木嘉文投手。2年春から西武・牧田を参考にアンダースローに転向した変則右腕のスライダーを、右中間の防球ネットを越える場外に運んだ。相手投手を「スイングが速くて、ボールが一瞬で消えた」と驚かせる強烈な1発で試合を決めた。

両親が見守る中、1回には史上4人目とされる高校通算90号のメモリアル弾を放った。1死一塁から、安田圭佑投手の真ん中高めの直球を強振。外角を狙ったボールがわずかに真ん中に入った失投を見逃さず、安田を「オーラが違うというか、威圧感があって、投げづらさを感じた」と脱帽させた。

驚異的なペースで量産態勢に入った。3月8日の早大B戦の79号以降、39打席ノーアーチだったが、春季東京大会の準々決勝・駒大高戦で呪縛を解くと、9試合で12発。この間の本塁打率(打数÷本塁打)は驚異の3.17をマークする。公式戦のデータだが、1年時は10.29で、2年時は5.8。数字が清宮の進化を物語った。

史上1位とされる神港学園・山本大貴の107本超えも視野に入った。今月は熊本と沖縄への招待試合、練習試合が組まれ、21日には春季関東大会の初戦を迎える。勝ち進めば最大で17試合行われる可能性があり、1試合1本のペースなら新記録の108本に到達する。

この日は学校の方針で取材は設定されなかったが、豪快なアーチに、雄弁なメッセージを感じさせた。





清宮君のバッティング動画はこちら

清宮君のスカウト評はこちら


draftkaigi at 09:37│ 高校 
ドラフトニュース検索