ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
指名予想
ホームに
もどる

ドラ1候補の通信簿、安田尚憲(履正社)のツボと弱点

2017年05月06日

5/6、日刊ゲンダイ26面「流しのブルペン捕手・安倍昌彦氏が現場採点」より

安田 尚憲 (履正社高・三塁手)
188cm・右投左打・動画

早実高・清宮幸太郎と履正社高・安田尚憲、どっちが上ですか?。今年になって、よく問われるようになった。「比べられません」と答えている。打者としてのタイプが違う。

清宮幸太郎は打球を高く持ち上げて、雄大な放物線で距離を出せる長距離打者。一方の安田尚憲は打球に猛烈な逆スピンをかけて、低いライナーで外野フェンスを襲う中距離打者。打者としてのカテゴリーが違う。今年の高校3年生で、このカテゴリーなら、文句なしに安田尚憲がナンバーワンだろう。

この春のセンバツ。かなり攻略困難な盛岡大付高・三浦投手のチェンジアップを猛烈なピッチャー返しでセンター前にはじき返した打球を見て、日本ハム・大谷翔平の高校時代を思い出した。大谷は、打撃練習の最初の5球と最後の5球、当たったら間違いなく死にそうな殺人打球で、猛烈なライナーをピッチャーに向かって打ち返していた。

安田のツボは真ん中低めと見た。ハマった時のライナーは一瞬で右中間フェンスを叩く。わずかに、サウスポーの内角速球に窮屈さを感じるが、この難しいポイントをこの夏、どう両腕をたたみ込んでライトフェンスへ持っていくか。真価が問われる。




安田君のバッティング動画はこちら

安田君のスカウト評はこちら


draftkaigi at 07:49│ 高校 
ドラフトニュース検索