ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
指名予想
ホームに
もどる

ドラ1候補の通信簿、鍬原(中央大)のツボと弱点

2017年05月06日

5/6、日刊ゲンダイ26面「流しのブルペン捕手・安倍昌彦氏が現場採点」より

鍬原 拓也 (中央大・投手)
176cm・右投右打・動画

今年の春になって、急によくなった。予兆は昨秋から、あるにはあった。暴れていた球筋が徐々に安定してきた。

もともと150キロを超える速球を投げていたが、1球1球のコントロールにばらつきがあって、いつもハラハラしながら見ていたのだが、チェンジアップという頼れる勝負球ができて、そこまで力まずに投げられるようになったのが昨秋。

それでも、突然ボール球を続けて、四球、四球・・・のやんちゃなピッチング内容ではあった。そうした暴れがなくなったのが今春だ。テークバックで背中側に入っていた右ヒジが、センター方向へ向いて巻き上げられるようになって、腕の振りの軌道が一定してきたせいなのか、構えたミットに70%近い確率で決められるようになった。

コンスタントに140キロ台後半をマークする速球は、少々コースが甘くなってもスイングを押し返してファウルをとれる強さがあり、タテのスライダーと必殺・チェンジアップは速球と同じ腕の振りなので、本物の緩急を形成する。

牽制、フィールディングのスピード、精度はすでにプロ級だろう。この春に発揮している実戦力が秋にもつながれば、1位が見えてくる。




鍬原君のピッチング動画はこちら

鍬原君のスカウト評はこちら

draftkaigi at 08:23│ 大学 
ドラフトニュース検索