ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 指名予想 12球団ドラ1の傾向 2017ドラフトの結果 ホームに戻る

2017夏の甲子園、大分大会の展望&注目選手

2017年06月22日

スポーツ報知の大分大会展望
明豊は高校通算40発超の杉園に、投手陣の層も厚く、総合力で秋春を制した。春準Vの大分商プロ注目の広沢を筆頭に強打で迫り、2強を形成する。柳ヶ浦最速146キロ右腕の田中(スカウト評)に期待。昨夏代表の大分、春8強の藤蔭、秋春8強の大分舞鶴は、いずれも安定した投手力で上位をうかがう。

大分大会の日程=7月8日~7月25日
大分大会の組み合わせ=こちら(朝日新聞)


スポーツニッポンの大分大会展望
強打の明豊大分商がリード。明豊・杉園、大分商・三代は県屈指の強打者。プロ注目右腕・田中(スカウト評)擁する柳ケ浦大分大分国際情報大分西大分雄城台大分舞鶴藤蔭国東が待ったをかける。八重山商工(沖縄)で甲子園を経験した伊志嶺吉盛監督率いる日本文理大付も注目。

大分大会の日程=7月8日~7月25日
大分大会の組み合わせ=こちら(朝日新聞)



下は大分県のドラフト出身校ランキングです。

1位 津久見(19人)
2位 明豊(11人)
3位 大分商(9人)
4位 中津工(8人)
5位 柳ヶ浦(7人)
6位 別府鶴見丘(6人)
7位 日田林工(5人)
8位 佐伯豊南(4人)
8位 高田(4人)
8位 国東(4人)

大分県の高校からドラフト指名された選手一覧はこちら

draftkaigi at 08:08│ │高校野球地方大会展望 
ドラフトニュース検索